アドセンスのRPMとは?

アドセンス

RPMとは?

アドセンスで、そのサイトがどのくらい効率良く成果報酬を上げることができているかを示す数値です。

一言で言うと、RPMは「1000PV当たりの成果報酬」となります。

例えば、1000PV当たりの成果報酬が200円ならばRPM200円、400円ならばRPM400円といった感じです。

RPMの平均

そんなRPMですが、その平均はだいたい「200~400円」と言われています。

月のよって変動はありますが、私のメインサイトのブログもだいたいこのくらいの範囲に収まっています。

しかしこの平均値、あくまでも「きちんとした人の役に立つブログ」になっていてこのくらいの数値になります。

日記のような記事内容だったり、記事内容が薄かったり、独りよがりのブログになっている場合は、平均値には遠く及ばない数値になってしまいます。

このようなブログだと、RPMの数値が100円を切ることも普通にあります。

アドセンスの報酬は人の役に立つ記事を書いて得られる対価なので、人の役に立つ記事を書くという強い意識が必要になります。

RPMを上げる方法

RPMの数値は、高いほど効率良く成果報酬が高いサイトと言えるため、その数値が高ければ高いほど良いでしょう。

そしてRPMを上げるために最も重要なことは、先ほども述べた「人の役に立つ記事を書くこと」です。

人の役に立つ記事を書けば、読者の方がそのページにいてくれる時間が増えます。そうすると、自然とアドセンスの広告をクリックしてくれる確率が増えます。

また、広告の配置も非常に重要になってきます。広告の配置によって、広告にクリックのされ方は大きく変わってきます。

最近は自動で広告を入れてくれる自動広告というのもあるので、どこに配置したら良く分からないという方は、それを試してみるのも一つの手です。

まとめ

以上で、アドセンスのRPMについての話を終わります。

まとめると、下記の通りです。

  • RPMは、1000PV当たりの成果報酬のこと
  • RPMの平均値は「200~400円」
  • RPMは、数値が高い方が良い
  • RPMを上げるこつは、役に立つ記事を書くことと、広告配置

自分のサイトを振り返りながら、少しでもRPMが高くなるように工夫していくことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました