ブログ記事の構成の基本は起結承結!ちこちゃんを見習おう

ブログ

ブログ記事の構成の基本

ブログを書いていると悩むことの一つに、記事の構成があります。

ブログ記事は、どのような構成にするのがベストなのでしょうか?

結論から言うと、ブログ記事の構成の基本は「起結承結」になります。

なぜこの構成が良いのか、このページでは詳しくお伝えしていきます。

ちこちゃんの構成がまさにそれ

「ぼーっと生きてんじゃねーよー!」

今はもう、日本の中でこのセリフを知らな人はいないですよね。

そう、NHKの番組「ちこちゃんに叱られる」の主役であるちこちゃんがいつも使うセリフです。

この番組では身近な疑問についてその内容を教える番組ですが、実はこの構成がまさにブログで求められる「起結承結」になっているのです。

つまり、もしあなたがブログ記事の構成で悩んでいたら、とりあえずちこちゃんを見習っておけば大丈夫ということになります。

この点について、各パートごとに詳しく説明していきます。

起(導入文)

まずは、「起」の部分です。

ここはブログでは導入文(リード文)のポジションになります。

ここで大事なのは、読者の興味を思いっきり引きつけることです。

ちこちゃんの例では、「ねぇねぇおかむらー」と話しかけて、岡村やゲストに質問を投げかけて、知らなかったら「ボーっと生きてんじゃねーよー!」と怒るあの部分です。

ここで、一気にその題材について知りたくなりますよね。

ブログの導入文でやりたことは、まさにコレです。

結(まず一度結論を言う)

そして導入文の後は、まず一度結論を言うことが大事です。

ブログ記事では結論ではなくまずは内容の説明から入っているパターンも見かけますが、ブログではあまり良くないです。

ちこちゃんも、「ボーっと生きてんじゃねーよー!」って言ったあと、「○○が○○なのは、○○だから~」とまず結果だけを得意げに伝えていますよね。

ブログ記事を書くときも、このイメージでまず一度結論を入れます。

このときのポイントは、「誰でも分かる言葉で簡潔に」です。

この部分では、詳しい理由や難しい専門用語は不要です。その題材について全く知らない人でも、分かる言葉で結論を書くことが大切です。

承(題材の詳しい説明を行う)

次にやってくるのが「承」です。

導入文でその題材に興味を持って、その結果が分かった読者が気になってくるのが、「なぜそうなるのか」という点です。

ちこちゃんでも、ちこちゃんが一度結論を言ったあと、VTRで色んな専門家の人たちが出てきてその理由を話していますよね。

ここが、ブログの「承」の部分にあります。

なぜそのような結論になるのか、その理由や根拠を書いて、題材の内容についてより深く読者の人に知ってもらいます。

結(最後にもう一度まとめる)

最後に、もう一度その内容にまとめる「結」を持ってきます。

ちこちゃんの例では、専門家の人の話が終わって、ナレーターの人のまとめから、スタジオにまた戻る部分のパートです。

ここで2回目の結がきますが、最初の結との大きな違いは、「承の部分で出てきた理由や専門用語を使っても良い」ということです。

ここまで読んでくれた読者の方は「承」の内容を知っていますので、そこに出てきた内容を使って上手くまとめましょう。

そしてまとめが終わった後は、ちこちゃんが最後にスタジオで岡村やゲストとトークするように、あとがきみたいな感じで読者の人にスッキリ満足してもらえば完璧です。

起結承結の各パートの割合

そんなブログ構成の基本となる起結承結ですが、全体の文量を10とすると、各パートの割合はこれくらいになります。

  • 起:1
  • 結:1
  • 承:7
  • 結:1

3番目の「承」以外は、あまり長くしてはいけません。簡潔に分かりやすく書くことが必要です。

3番目の「承」の部分は長くても大丈夫です。自分の持っている知識を、惜しげなく費やして書きましょう。

ちこちゃんの構成でも、やっぱり3番目の「承」の部分が一番長くなっています。

ブログだと良くない構成

ここからは、良く見かける構成ですが、ブログで使うと良くないものをお伝えします。

起承転結

一つ目は、起承転結。

文章の構成としては、最も有名なものかもしれまん。

例としては、「大阪本町糸屋の娘・・・」というのが有名ですね。

この構成は、物語や小説、詩などの文学作品に最適ですが、ブログには向いていません。

その理由は、下記の2つです。

  • 結論が最後にある
  • ブログ記事に「転」はいらない

結論が最後にあるのは、ブログ記事では良くありません。

なぜならば、読者の人はそのことがすぐに知りたいと思ってブログを見にきているので、パッと見て結論がないとこの記事では知りたいことが分からないと思って、すぐに離脱されてしまうからです。

あと、ブログに「転」はいりません。ブログ記事を見にきてくれている人はその一つのことを知りたいと思ってきているので、どんでん返しとかは求めていません。そのため、「承」だけで十分です。

空・雨・傘

こちらは、ビジネスシーンで良く使われる構成です。

「空」を見るとどんより曇っていた→その状況から判断すると、いかにも「雨」が降りそうだ→だから「傘」を持って行こう

といった感じで、論理的な説明ができるのが特徴です。特に、プレゼン資料を作る場合は王道の構成になります。

しかし、ブログ記事の場合は読者にプレゼンをしたり、論理的に説明したい訳ではないので、この構成もやはり不向きになります。

まとめ

以上で、ブログ記事の構成の基本についての話を終わります。

まとめると、下記の通りです。

  • ブログ記事の構成の基本は「起結承結」
  • ちこちゃんの構成が、まさにこの通り
  • なので、記事構成はちこちゃんを見習うと良い
  • 「起承転結」や「空・雨・傘」はブログには不向き

ブログ記事の構成は最初は悩むポイントの一つですが、一度その基本を知ってしまえば迷うことはありません。

基本の構成に従って、ブログ向きの分かりやすい記事に仕上げていくことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました