イヤイヤ期の対応や接し方、対処法は?期間はいつからいつまで?


初めての子育てで難しいことの一つに、イヤイヤ期の対応があります。

私たち夫婦の子供も、1才4ヶ月になってイヤイヤ期の兆候が始まりました。

これから、どんどんイヤイヤがパワーアップしてきそうです。

今回は、魔の2才児、イヤイヤ期の対応方法などについてお話ししていきます。

[ad#co-1]

イヤイヤ期の兆候始まる


うちの娘がイヤイヤ期に入ったかなとはっきり感じたのは、1歳4ケ月の頃です。

ご飯やオムツ交換の時や、危険なもので遊んでいるときにそれを止めさせると、大泣きです。

初めてそれを経験したときは、妻もかなり驚いていた様子でした。

このように大変なイヤイヤ期の始まりですが、娘の成長も同時に感じることができます。

今まで子供が泣くときは、不快な時や不安な時、お腹が減った時など、本能的に泣いているだけだなと感じることばかりでした。

しかし、イヤイヤ期の大泣きはそれとは違い、はっきりと自分のやりたいことができないで泣いているというのが分かります。

理性的に、自分の意思を持って泣いている。

そのように見えるのです。

とても人間らしくなっていると思え、そこには喜びを感じます。

期間はいつからいつまで?

次は、イヤイヤ期の期間についてです。

魔の2才児という言葉があるように、イヤイヤ期は2才になると始まり3才になる頃には終わると一般的にはイメージされています。

しかし、実際に子供を育ててみると、2才になるといきなりイヤイヤ期に入るわけではなさそうです。

1才の頃からそれらしい兆候が見えはじめ、2才で頂点、3才になると徐々に落ち着いてくるといった感じです。

実際、6ヶ月ごろには実はもう親が気づいていないだけで小さなイヤイヤが始まっていると言われている専門家の方もいらっしゃいます。

振り返ってみれば、確かにそうだったかもと思い当たることがいくつかありました。

[ad#co-2]

イヤイヤ期の意味

そもそも、なぜイヤイヤ期というものがあるのでしょうか?

それは、子供が自分自身の心や行動をコントロールすることを学ぶためです。

私たち人間は、決して一人で生きていくことはできません。

色々な人と助け合いながら、社会の中で生きています。

自分のやりたいことを全部できれば良いのですが、そういう訳にはいきません。

そんなことをすれば、あっという間に世間から見放されてしまいます。

自分をコントロールする能力は、人間社会で生きて行くためには絶対に必要な能力なのですね。

それを、イヤイヤ期で学ぶのです。

人間は、自分のやりたいことをできないと怒りを感じます。

仕事などでも、自分のやりたいと思っていることを上司にNGと言われると、ちょっとイラっときますよね。

それと同じ感情を、イヤイヤ期の赤ちゃんも感じているのです。

1才ともなると少しずつ自分でできることが増えてきて、自分のやりたいという思いが強くなってくる。

そうなると、どんどん自分がやりたいことをやりだします。

しかしその中には、危険なもの、やってはいけないこと、行儀が悪いことなど、親からしたら見逃すわけにはいかないものもでてきます。

それらの行動に関しては、親としては止めさせなければなりません。

このときに、子供は自分の思ったことができなくて怒りを感じ、大泣きをするのですね。

これを繰り返しながら、子供は自制心を学んでいきます。

自分のやりたいと思っていることの中に、危険なことや社会的にやってはいけないことがあることを理解し、それらのことをやらないように自分をコントロールできるようになります。

もしこれが出来るようにならないと、すぐキレる大人になってしまいますので大変なことになりますよね。

このように、イヤイヤ期は子供にとって自制心を学ぶための非常に大切な期間なのです。

対応や接し方、対処法は?

最後に、親としてのイヤイヤ期の子供の対応の仕方や接し方、対処方法についてです。

上記の通り、子供にとってイヤイヤ期は非常に大切な期間なので、親も対応方法には気を付けたいものです。

疲れたりイライラしている中で難しいところではありますが、感情的に怒ったり頭ごなしに否定するのは良くないです。

そのように接してしまうと、子供に自己否定感を植え付けて自信を無くしてしまいます。

自分では一生懸命やろうとしているのにそれを全部親に否定されては、自信もなくなりし、自己重要感も低くなり、将来大人になった後も、その子の人生に大きな負の影響を与えてしまいます。

これは子供にとっても親にとっても、避けたいですよね。

なので、まずはなぜそのようなことをするのか子供に聞いてみて、どんな気持ちでその行動をとっているのかを確認します。

そしてその行動を止めさせる場合は、なぜ止めないといけないのか、きちんと説明することが大事です。

とは言っても、2才の子供には自分の気持ちを言葉で伝えるのはまだまだ難しいです。

そのため、ただどうしてこんなことをするか聞くだけではなく、親の方から「こんな理由でやりたかったのかな?」と子供に問いかけてみましょう。

それを繰り返しながら、子供の気持ちを理解していきます。

子供も、親が共感してくれると安心します。

そういったことを何度も何度も繰り返しながら、子供は健やかに成長していきます。

そして親は何よりも、心構えとしてこのような大切な時期に入っている子供を温かく見守るという余裕を持った心が欲しいですね。

親といえども、一人の人間です。

何をやってもイヤイヤの子供に対して、イライラすることもあると思います。

特に、時間が無いときや疲れているときはなおさらです。

そのような状態の時に、今この子は自分で自分をコントロールするために一生懸命がんばっているのだと思って、子供を認める気持ちが大切です。

まとめ

以上が、イヤイヤ期の期間や対処法です。

まとめると、下記の通りです。

・イヤイヤ期は、1才半ばごろから始まる

・2才でMAX、3才になると落ち着く

・イヤイヤ期は、子供が自制心を学ぶ大切な期間

・親は子供を全否定せず、子供の気持ちを理解する

・子供を温かく見守る心の余裕が大事

このようなことを頭において、魔の2才児、イヤイヤ期の子育てを乗り越えていきたいですね。

[ad#co-3]