お食い初めを行いました!やり方やメニューをお話しします。


赤ちゃんが一生食べ物に困らないことをお祈りする儀式、「お食い初め」。

我が家でも、そんな願いを込めて娘のお食い初めを行いました。

今回は、お食い初めの基本的なやり方やメニューと、実際に行った我が家のお食い初めについてお話ししていきます。

[ad#co-1]

お食い初めの意味


お食い初めは、赤ちゃんが一生食べ物に困らないように願いを込める儀式です。

これから我が子が生きていく中で、食べ物に困るようなことにはなって欲しくない。

親として、当然の想いですよね。

そんな想いを込めて、お食い初めを行います。

お食い初めのやり方

行う日

お食い初めは、生後100日目くらいに行います。

ただ、生後100日と言えばまだまだ産まれて3ヶ月。

赤ちゃんの健康状態によっては、無理に100日目に行わなくても大丈夫です。

赤ちゃんの体調と相談しながら、お食い初めの日にちを決めると良いです。

メニュー

お食い初めの料理は、次のものを用意します。

・尾頭付きの鯛

・赤飯

・一汁三菜(煮物、香の物、汁物)

この中でも、やはり尾頭付きの鯛は欠かせないですね。

尾頭付きの鯛の存在感は、別格です。

やり方

赤ちゃんに、準備した料理を食べさせる真似をします。

まだ実際には食べることができませんので、真似だけです。

一生食べ物に困らないようにお祈りしながら行います。

赤ちゃんい食べさせる役目をする人のことを「はし役」と言います。

「はし役」は、長寿にあやかれるように近親者で年長者の人が担います。

また、男の子なら男性が、女の子なら女性がはし役になります。

歯固の儀式

地域によっては、歯固めの儀式を行うところもあります。

石のような丈夫な歯が生えますようにという願いを込めて、歯固め石を用いて行う儀式です。

[ad#co-2]

古串屋さんでお食い初め

ここからは、我が家で行ったお食い初めのお話をしていきます。

我が家のお食い初めは、下関にある老舗料亭「古串屋」さんで行いました。

夫婦二人と赤ちゃん、水入らずでのお食い初めです。

妻と二人で昔から行ってみたいと思っていたのですが、敷居の高い高級なお店で、なかなか行くことができていませんでした。

でも、今回は大事な赤ちゃんのお祝い。

少しでも良いお店でお食い初めをやりたかったのです。

そこで、思い切ってこのお店でやることにしました。

お店に入って、通してもらったのがこちらの部屋です。

なんか、時代劇のワンシーンに出てきて来そうな、風格のある素敵な部屋です。

実際、2015年の大河ドラマ「花燃ゆ」で話題となったあの高杉晋作もこのお店で食事をしたそうです。

隣の部屋には、高杉晋作が今でもいるような雰囲気を感じました。

外には、わびさび漂う庭園が広がっています。

庭園が見えるお部屋を用意してくださったお店の方に感謝です。

こちらが、古串屋さんがご用意してくださったお食い初めのメニューです。

立派な、尾頭付きの鯛です。

この鯛は赤ちゃんに食べさせる真似をした後は、おうちに持ち帰って後日おいしく頂きました。

お食い初めを古串屋さんで行って、本当に良かったです。

最後に、気になる料金の話をします。

古串屋さんでお食い初めをすると、このくらいの費用がかかります。

◆お食い初め代

これは、お食い初め用の料理(鯛や赤飯)などにかかる料金です。

お食い初め代は、3,000円でした。

これは、予想よりもかなり安かったです。

お食い初めの料理は鯛を丸ごと一匹使うので一万円くらいするのかなと思っていたので、びっくりです。

◆料理代

料理は、8,000円~の懐石料理でした。

値段いくらにするか迷いましたが、切り良く10,000円の懐石料理を頼みました。

立派な懐石料理を楽しむことができました。

◆飲み物代

これは、ほとんどがお酒代ですね。

お酒は普通のものが普通の値段で置いてあり、特に高いとは感じませんでした。

◆サービス料など

正式な料亭ですので、サービス料がかかります。

でも、海外と違ってサービス料はお会計に含まれているので、分かりやすくて良いです。

請求書に書かれれている値段通りのお金を払えば大丈夫です。

サービス料は、だいたいトータルの値段の十数パーセントといったところでした。

今回の我が家のお食い初めではトータルで33,000円くらいでした。

ちょっと奮発したとは思いますが、値段以上に価値のあるお食い初めを行うことができました。

まとめ

以上が、お食い初めについての説明と体験談です。

まとめる、下記の通りです。

・赤ちゃんが一生食べ物に困らないことを願う

・料理は、お頭付の鯛と一汁三菜を用意する

・年長者が、赤ちゃんに食べさせる真似をする

お食い初めで願った通り、赤ちゃんには一生食べ物に困らない人生を送って欲しいですね。