JTBハワイ島日帰り観光に参加しての感想!


私は新婚旅行でハワイに行ったときに、JTBのオプショナルツアー「ハワイ島日帰り観光」に参加しました!

ハワイ島日帰り観光は、ハワイ新婚旅行の中で最も思い出に残ったツアーと言っても過言ではありません。

このページでは、そんなハワイ島日帰り観光に参加しての感想をお話ししていきます!

スポンサーリンク

JTBハワイ島日帰り観光ツアー概要


このツアーは、オアフ島からハワイ島へ日帰り観光をするJTBのオプショナルツアーです。

せっかくハワイに来たので、ホノルルだけではなく大自然を感じれるハワイ島にも行ってみたい!という方におすすめのプランです。

往復の交通手段に飛行機を使うので、値段は一人当たり約370ドルと少しお高めではありますが、値段以上の価値は必ずあるプランです。

朝の5時半に出発!


このプランは日帰りでハワイ島を観光するツアーのため、朝はめちゃくちゃ早いです!

ワイキキでのホテルの出発時間は、なんと朝の5時半!

早起きしないといけません。

なので、時差ボケが治りきっていないかもしれないハワイ到着の翌日とかは控えた方が良いかもしれないですね。

ホテルからバスに乗り込んで、ホノルル空港を目指します。

ホノルル空港に着いたら、早速搭乗手続き。

この際にはパスポートが必要なので、パスポートだけは忘れずに。

搭乗手続きが終わったら、ロビーの中で軽めの朝食。

そして飛行機に乗り込んで、いよいよハワイ島へ出発です!

目的地は、ハワイ島の玄関口の一つの、ヒロ空港。

飛行機に乗れるので、飛行機好きはたまりません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
1時間くらいで、無事にヒロ空港へ到着。

ヒロ空港のまわりは、のどかでゆっくりとした時間が流れていました。

青と黒のコントラスト、黒砂海岸


まず最初に行ったのが、黒砂海岸。

真っ黒な砂でできている海岸です。

当日は天気がとても良かったので、ハワイ島の象徴である山の、マウナ・ケアとマウナ・ロアが雄大でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 写真右側が標高4,205mのマウナ・ケア、写真左側が標高4,169mのマウナ・ロアです。

山がとてつもなく大きくてのっぺりとしているため、遠目から見ると低そうに見えるのですが、その頂上は富士山を軽く超えるとても高い山です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 黒砂海岸の写真です。

真っ青な海と黒い砂のコントラストがとてもキレイです。

海自体も、やはり都市化が進んでいるホノルル周辺よりも、ハワイ島の海がよりキレイでした。

クイーン・リリウオカラニ・ガーデン


ここは、ハワイ島にある日本庭園です。

ハワイにある、日本庭園、何とも不思議な感じです。

なぜハワイに日本庭園があるのかというと、ハワイには、19世紀ごろには日本からの移民を多く訪れたからです。

その人たちが、故郷の日本を懐かしんで造ったのですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まさに、南国にある日本庭園という感じです。

また、日本庭園の中には、バリアンツリーというとても大きな木があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
木の上から、根っこのようなツルが何本も降りて来ている不思議な木です。

なんか、とても強い生命力を感じますね!

カメハメハ大王像


♪南の~島の大王は~♪の歌で有名な、カメハメハ大王像です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
カメハメハ大王は、1800年頃に、それまで独立していたハワイ諸島の島々をまとめて一つのハワイ王国を確立しました。

その初代の王様ですね。

銅像からも、その神々しさが伝わってきます。

ビッグ・アイランド・キャンディーズ


ハワイ島にある、お菓子工場です。

チョコレートとかを作ってます。

ホノルルで行ったチョコレート工場とちょっと似てますね。

従業員の方が、がんばってチョコレートを作っていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
工場の外には、コーヒーの木が植えられてました。

日本では、コーヒーは良く飲みますがコーヒーの木を見ることはできません。

生まれて初めて、生のコーヒーを見ました。

いつも飲んでいるコーヒーが木になっているところを見れて、ちょっと感動です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

虹の滝、レインボーフォールズ


運が良かったら、滝壺に虹がかかることから名付けられた、レインボーフォールズという滝です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ハワイは、本当に虹が良く出るのですね。

レインボーという名前がいたるところに出てきます。

なので、是非との滝壺に虹が見たい!

と思ったのですが、残念ながら虹がかかった様子は見れませんでしたorz

でも、とてのキレイな滝でした。

スポンサーリンク


地球の鼓動!キラウエア火山


レインボーフォールズの後は、お待ちかねの昼食です。

地元の小ぢんまりしたレストランで、ハワイ島の食材を使ったバイキングです。

お腹いっぱい食べました。

お腹も満たされ、心地よいバスの揺れも加わってウトウトしながら向かう目的地は、そう、かの有名なキラウエア火山です。

ハワイのキラウエア火山は今も活動中で、マウナケアやマウナロアよりも日本では有名かもしれないですね。

キラウエアの標高は、1,247m、意外と低いですね。

でも、まだまだ成長中の活火山。

今後は、他の2つの山のように、どんどん大きくなって行くことでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
キラウエア火山の火口です。

噴煙がもくもくと上がっていて、地球の鼓動が感じられるようです。

あと、このツアーでは、テレビで良く見るような実際に溶岩が流れているところは見れないです。

ちょっと残念ではありますが、さすがに一般のツアーでそのような場所に行くのは危険すぎるのでしょうね。

天然岩盤浴!?溶岩台地


さて、次に行った溶岩台地。

正式には、この場所は今回のツアーの観光地には含まれていません。

しかし、ツアーの参加者がきっちりと時間厳守で時間に余裕があったので、バスガイドさんが秘密で寄ってくれました。

みんながマナー良く観光していたご褒美ですね!

溶岩台地は、キラウエア火山で噴火した溶岩が固まってできた台地です。

標高は800mくらいの地点で、あたり一面溶岩でできた台地。

何も遮るものがないその先に見える水平線、まさに圧巻の絶景でした!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
日本の山には絶対に何かしらの木が生えているので、高い山から何も視界を遮るものがなく海が見えるというのは、とても新鮮でした。

ちなみに、この溶岩台地は地熱の影響で少し暖かいのです。

その暖かさはちょうど日本の岩盤浴くらいの温度で、寝っ転がるとまさに天然の岩盤浴でした!

できるものなら、ずっとここに寝そべっていたいくらいでした(笑)

サーストン溶岩トンネル


ここは、溶岩でできた天然のトンネルです。

大きさは大人一人がやっと通れるくらいでそれほど大きくありませんが、中を通っていると、地球からパワーをもらっている気分になります。

ここで写真と撮ると、特に設定をしていなくても、天然でセピア色の写真が撮れます(^^)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

トンネルを出ると、日本のゼンマイの10倍はありそうな巨大ゼンマイがありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
人よりも、余裕で背が高いです。

ハワイは、植物も何かとデカイですね!

マウナロア・マカデミア・ナッツ工場


ハワイ島最後の観光スポットは、マカデミアンナッツの工場です。

マカデミアンナッツは、ハワイのチョコレートに良く入っていたりする、ハワイ島の名産品です。

そこで食べたマカデミアンナッツ入りのアイスクリームが、めちゃくちゃ美味しかったです。

マカデミアンナッツは、ナッツだけで食べても最高に美味しいです。

お土産にも買って帰ったのですが、そこで買ったナッツに軽く塩が振ってある缶詰は、ビールのおつまみに最高でした。

さらば、ハワイ島


すべての観光地を見終わって、再びヒロ空港に戻ります。

ヒロ空港でも少しお土産を買ったあと、オアフ島への帰りの飛行機に乗り込みました。

帰りの飛行機はちょうど夕日の時間に重なって、飛行機からの景色がとてもキレイでした。

眼下に広がる夕焼けに染まる雲たちを見ながらのフライトは最高でした。

最期の最後まで、楽しませてもらえるツアーですね。

約1時間のフライトで、無事にホノルル空港に到着。

ハワイ島の大自然を、120%満喫できた旅行でした。

まとめ


以上が、ハワイ島日帰り観光に参加しての感想です。

オアフ島とはまた違った良さのあるハワイ島。

ハワイ島の大自然を堪能できる、大満足のツアーでした(^^)


スポンサーリンク