断酒のメリット!鼻づまり改善&頭がクリア&有意義な時間増!


お酒。

一口で幸せになれる、とても誘惑力が強い飲み物です。

私も毎日晩酌をしていたのですが、体にもあまり良くないかもしれないと思ってしばらく止めてみようと思ってやめました。

そしたら、断酒には様々なメリットがあることに気づきました!

このページでは、お酒を止めることによって私が感じたメリットについてお話していきます。

スポンサーリンク

鼻づまり改善!


お酒をやめて一番良かったと思ったのは、鼻づまりが改善したことです。

私は鼻中隔湾曲症という鼻の骨が生まれつき曲がっている病気持ちで、それが原因ですぐに鼻がつまります。

特に辛いのが寝るときです。

鼻がつまるので、必然的に口呼吸になっています。

するとどうなるか?

喉がカラカラに乾きます。

その結果、朝起きた時には喉は悲鳴を上げています。

鼻血や血の混じった痰が出るなんてことも、しょっちゅうありました。

その影響で肺も含めて呼吸器全体が弱っているように感じ、かなり呼吸器に負担がかかっているなと感じていました。

生まれつき鼻が悪いから、もうこれはしょうがないものだと思っていました。

しかし断酒してから気づいたのですが、寝るときの鼻づまりはアルコールによって更に悪化する結果となっていたのです!

お酒をやめてからは鼻づまりは改善され、まだ完ぺきではないにしても少しは鼻呼吸ができるようになりました。

これはとても嬉しかったですね。

寝るときの呼吸がかなり楽になりました。

調べてみると、お酒を飲むと下記の2つの理由で鼻づまり悪化の原因になるようです。

  • 血流が多くなって、鼻の粘膜がうっ血し膨らむ
  • アレルギー性鼻炎を悪化させる

お酒を止めて鼻づまりが良くなったのは、気のせいではなくれっきとした事実だったのですね!

自分の体を痛めつけてまでお酒を飲む理由は何もありませんよね。

お酒を飲まず、快適な睡眠が取れるのであればそれにこしたことはありません。

スポンサーリンク


頭がクリアになった


「お酒は、百薬の長」

昔から、良く言われている言葉ですよね。

私は、この言葉を信じていました。(正確には、都合の良いように解釈し信じたかった!?)

なので、飲みすぎはダメでも適度な飲酒は、健康にも良くストレス解消にもなると思っていました。

しかしながら、Yahooニュースなどにも出ていましたが、英オックスフォード大学の研究によると、何とお酒は少量でも脳に影響を与えるとのことです!

脳の記憶をつかさどる大切な部分である海馬を委縮させてしまう可能性があるそうです。

私も30歳をすぎて、昔に比べて集中力や記憶力が落ちたと感じていました。

何となく、頭がクリアにならずはっきりとしない感じです。

しかし、お酒を止めるとそれもなくなり、はっきりクリアな頭の状態で仕事に打ち込むことができるようになりました!

有意義に使える時間が増えた


あと、お酒をやめると有意義に使える時間も増えました。

お酒を飲んだあとというのは、確かに気持ち良くはなりますが、頭がぼーっとしたり、眠くなったり、だるくなったりしてそのあと何もできなくなります。

しかし、お酒を飲まなければ、そのようなこともありません。

晩酌さえしなければ、晩ご飯の後の時間がとても有効に使えるのです。

子供と楽しく遊んだり、読書をしたり資格の勉強をしたり。

一日の中で、有意義に使える時間がとても増えました。

まとめ


以上が、私が感じたメリットです。

まとめると、下記の通りです。

  • 鼻づまりが改善され、睡眠が改善し呼吸器系へのダメージも減った
  • 頭がクリアになって、集中力が増した
  • 有意義に使える時間が増えた

このように、断酒にはたくさんのメリットがあります。

断酒をしようかなと思っているあなた、断酒にはこのようにたくさんのメリットがありますので、ぜひ実行されてみてはいかがでしょうか?



スポンサーリンク