ジョギングの効果!健康やダイエットなど実際に感じたこと


私は、最近ジョギングをやるようになりました。

実際にやってみると、ジョギングには一石何鳥もの素晴らしい効果がたくさんあると感じています。

今回は、私がジョギングをやって感じたメリットや効果、ジョギングのコツなどについてお話ししていきます。

[ad#co-1]

ジョギングのメリット


まずは、数あるスポーツの中で、ジョギングを選ぶ場合のメリットについてお話しします。

費用0円

運動をする上でジョギングするのに一番ありがたいことは、費用が一切掛からないことです。

ジョギングするのに必要な費用は0円です。

ジムなどに入会すると、必ず月会費が掛かります。

ゴルフに行っても、一日一万円くらいかかります。

球技をするにしても、場所などを借りるのにお金が掛かります。

しかし、ジョギングなら大丈夫です。

全くお金が掛かりません。

特にこれは、結婚後に所帯を持った後にはすごく大きなメリットです。

独身時代であれば自由に使えるお金も多く費用面に関してはそんなに気になることはありませんが、結婚するとそういう訳にもいかなくなります。

将来や子供のためにもお金を貯める必要がありますので、お金はなるべく節約しなければなりません。

そんな状況の中で継続して運動をするためには、費用が掛からないというのは本当にありがたいことなのです。

そのおかげで、長く続けることができます。

好きな時間にできる

費用面と共に大きなメリットは、自分の好きな時間にできることです。

結婚して子供もできると、なかなか決まった予定を入れにくくなります。

ゴルフや仲間とやるフットサルなど、決まった時間に絶対に行かなければなりません。

こういう予定が、すごく立てづらいのです。

しかし、ジョギングであれば時間的な制約が全くありません。

朝に行ってもいいし、お昼に行ってもいいし、夕方に行ってもいい。

本当に忙しかったら、行かなくても良い。

このように、時間的にもかなりフレキシブルに対応できます。

これも、長く続けることができる大きな要因になっています。

[ad#co-2]

ジョギングの効果

次は、ジョギングの効果についてです。

ジョギングには、以下のように一石何鳥もの効果があります。

ダイエット効果

ジョギングで一番最初に思いつくのは、やはりダイエット効果です。

ジョギングなどの有酸素運動は脂肪を燃焼しますから、体の無駄な脂肪が使われてスリムになります。

脂肪の代わりに、適度な筋肉も付くというおまけ付きです。

あとジョギングをやっているときに感じるのが、意外と腹筋も使うことです。

ジョギングというのは全身運動で、足以外の体の筋肉も思った以上に使っているのです。

走るという行為を行うためには足を前に出さなければなりませんし、腕を前後に振るために腹筋、背筋を使います。

特に、腹筋は足を上げるためや腕を振るためのひねりの動作を生むため、また姿勢維持のために、とても多く使われているのを感じます。

なので、ポッコリと出たお腹を引き締めるのに、ジョギングはとても効果があると感じました。

健康効果

ジョギングには、健康効果もあります。

ジョギングを始めてから、体の調子もすごく良いです。

風邪もひきにくくなりましたし、眠りの質も良くなりました。

また、長期的には寿命が延びたり、疲れにくくなったり、生活習慣病を予防できたりと、様々なところで健康に対しても良い効果があります。

ストレス解消効果

ジョギングには、肉体的にだけではなく、精神的にも非常に良い効果をもたらします。

ジョギングすると気分がスッキリして、ストレス解消になります。

また、ドーパミンが分泌されることによって、脳の働きが活性化され気持ちも前向きになります。

そうすると、記憶力や判断力、やる気もアップし、仕事にも良い効果をもたらします。

幸せホルモンと言われるセロトニンも分泌され、幸福感をもたらしてくれます。

セロトニンの効果によって、うつ病や認知症の予防や改善にもなります。

体力向上

ジョギングは、体力向上にもつながります。

有酸素運動を続けることによって、体力がどんどん上がっていくのですね。

この体力が上がって行くと、日常生活にもとても大きなメリットがあります。

仕事や育児家事など、体力がある状態と無い状態でやるのは内容も非常に違ってきます。

もちろん、体力がある方が良い仕事ができたり、育児や家事も頑張れます。

ジョギングのコツ

最後は、ジョギングのコツについてです。

ジョギングの効果を最大限に高めるためにはどうしたら良いかについてお話しします。

ゆっくり長く走る

まず一番大切なことは、ゆっくりと走ることです。

速く走ろうとすると、ジョギングのデメリットがどんどん出てきます。

怪我をしたり、体を痛めたり、次の日の仕事に支障が出たり、心臓にもあまり良くありません。

私たちは別にスポーツ選手になるために走っている訳ではありませんから、このような状態になったら本末転倒です。

その為、ゆっくり走ることが大事なのです。

私自身は、自分にとって「走る」という行為の中で最も遅いペースと思うくらいの速度で走っています。

ジョギングには、このくらいのペースがちょうどいいのですね。

そして、時間は最低でも20分は走りたいところですね。

有酸素運動を行ったときに、脂肪が燃焼し始めるのは運動開始後20分程度からだと言われています。

それまでは血液中の栄養源を使って、20分以降からエネルギーとして脂肪が使われ始めるのですね。

なので、脂肪を燃焼させるためには20分以降からが本番で、ダイエット効果も大きくなります。

以上の理由によって、なるべくゆっくり、長い距離を走ることがジョギングの効果を最大限に引き出すコツです。

目的を持って走る

ジョギングは、目的を持って走ると更に良いです。

何のために自分はジョギングをするのかを明確にしておくのです。

ダイエットのためなのか、健康のためなのか。

はたまた、体力をつけるためなのか、何か他のスポーツをするための基礎トレーニングなのか、マラソン大会で自己ベストを更新するためなのか。

同じジョギングと言っても、目的によって微妙にやり方が変わってきます。

ダイエットや健康のであれば上記の通りゆっくり走ることがベストですし、マラソン大会で自己ベストを出そうと思ったら、多少きついトレーニングを積まなくてはなりません。

また、目的が明確になっていることによってモチベーションもアップし、長く続けることができるようになります。

人間は何のためにやっているかが明確ではないとすぐにやめてしまう生き物ですので、そこをはっきりさせておくことはとても大事です。

ちなみに私の今のジョギングの目的は、より良い仕事や家事、育児をするためです。

ジョギングの効果の所でも書きましたが、体力があればあるほど、やはり厚みや粘りのある仕事などができますからね。

まとめ

以上が、ジョギングの効果についてです。

まとめると、下記の通りです。

・ジョギングは費用0円!

・自分の好きな時間にできる

・肉体的、精神的にもすごく体に良い!

・ゆっくりと長く走る

・目的を持って走る

こんなにたくさんの効果があるジョギングですから、これからも末永く続けていきたいものですね。

[ad#co-3]