プチ断食体験談、胃腸の調子が良くなった!


少し前から流行っているプチ断食。

手軽にできる健康法として、世間に広く浸透してきています。

私もプチ断食には興味があって、実際にやってみました。

今回は、プチ断食を実際にやってみての感想をお話していきますね。

[ad#co-1]

プチ断食をやろうと思ったきっかけ


私がプチ断食をやってみようと思ったきっかけは、胃腸があまり強くなかったからです。

元々私は、胃腸を含めそんなに体が強い方ではありませんでした。

少し食べすぎただけでも、すぐにお腹を壊してしまうことがありました。

毎日きちんと3食たべなければいけないと思い食べていましたが、その3食だけでもきつかったのです。

そんなことは気にせずに、どんなに食べてもケロッとしている人が羨ましかったです。

そんな感じでずっと胃腸の調子が悪い状態が続いていて、何とかならないかと思って本屋さんなどで健康法について何か良い本はないかと思って探していました。

そこで見つけたのが、プチ断食です。

お腹の調子も良くなると書いてあったので、早速やってみることにしました。

現代の食生活で、疲れ切っている内臓たち

現在は、飽食の時代と言われています。

そして日本に生まれた私たちは、明日食べるものがないという状況になったことはほとんどありません。

毎日、きちんと3食食べれています。

しかも、その間にはおやつや夜食なども。

そんな生活なので、内臓は常に消化作業でフル活動なのです。

24時間働きっぱなしで、とても疲れています。

[ad#co-2]

プチ断食は、内臓にとって最高の休息

現代の食生活で常にフル活動を続ける内臓さんたち。

もともと胃腸が強い人だったらまだいいかもしれませんが、私のように胃腸が弱い人間はもうお手上げです。

胃腸が、完全に悲鳴を上げてしまいます。

胃腸にも、お休みが必要なのです。

そこで最高の休息になるのが、プチ断食です。

胃腸を始めとする内臓が疲れている理由は、消化活動です。

その消化活動から解放されることが、胃腸にとって最大の休息なのです。

消化活動を止めるにはどうしてら良いかというと、答えは簡単、食べなければいいですね。

なので、プチ断食が最高なのです。

プチ断食をやってみての感想

実際にプチ断食をやってみると、驚くほどの効果でした。

胃腸の調子が、はっきりと良くなったのです。

今までずっとお腹が重かったのですが、それが一気になくなりました。

行ったのは、本当に軽いプチ断食、朝ごはんを断食しました。

仕事のある平日は朝ごはんを食べないとさすがにエネルギー不足になって仕事にも支障がでるので、休みの日にやってみました。

朝ごはんだけなら、それほどお腹もすかないし無理せずにやることができました。

そして、予想以上に効果があったプチ断食。

これからは、一週間に一度くらいは実施して、内臓さんを休めてあげるようにしたいなと思います。