物を捨てる技術、洋服などを上手く捨てるコツ


物を捨てることが大切なのは分かっているけど、なかなかそれを実践できない。

あなたは、そのような悩みを抱えたことはありませんでしょうか?

捨てることができないのには、人間の2つの心理が大きな原因になっている可能性があります。

今回は、その心理と、それを克服するためにはどうしたら良いかをお話していきますね。

[ad#co-1]

もったいないという気持ちを克服するには?


「もったいない」

これは、とても良い言葉だと思います。

日本語の中でも、特に素晴らしい言葉の一つではないでしょうか?

しかしこの心理が、物を捨てることができない大きな原因になっていることも事実です。

将来にかけてほぼ間違いなく不要な物でも、まだ使えると思うと、もったいないと思って捨てられないのですね。

ですが、ここで少し考えて見て欲しいのです。

その前段階、まだ使える状態なのに不要になってしまうようなものを買ってしまったことが、本当にもったいないことなのではないでしょうか?

そのものを買わなかったら、そもそも捨てる必要もない訳ですからね。

こう考えると、もったいないという気持ちを克服できるようになります。

本当にもったいないのは、不要だけど使えるものを捨てることではなく、不要な物を買うことだと思えるようになると、不要なものを捨てることができるようになります。

後で必要になるかもしれないという気持ちを克服するには?

「あとで必要になるかもしれない」

この気持ちも、物を捨てることができない大きな原因になっています。

だぶん要らないとは思うんだけども、もしかしたら後で必要になるかもしれない。

「あー、あのとき捨てなければ良かった!」と思ったり、「なんで捨てたんだ!」と誰かから怒られたりするかもしれない。

そう思えば思うほど、やっぱり捨てるのはやめておこうと思い直して、捨てることができません。

なかなか、やっかいな気持ちです。

この気持ちを克服するために、とても有効な方法があります。

それは、最終保管用の置き場を作ることです。

たぶん要らないと思うけど、もしかしたらいるかもしれない物を溜めておくための専用の場所を作るのです。

そしてその場所に入れて、一年間とか、ある一定の期間やっぱり使わなかったら、捨てるようにする。

こうすれば、本当に万が一必要になったとしても、そこから取り出せば良いですからね。

当時はいるかもしれないと思って迷っていたものも、一年間思い出さないでいると、やっぱり使わなかったなと思って、意外と踏ん切り良く捨てることができるようになります。

簡単にできてとても効果が高い方法ですので、ぜひ試してみてくださいね。

[ad#co-2]

捨てるものにこそ感謝する

ここからは、少し余談になります。

捨てる技術を実践するとき、捨てる物にこそ、感謝の気持ちを持ってくださいね。

必要なものは必要なので、大切に扱う。

これは、まあ当たり前のことですよね。

では、不要になったものに対してはどうでしょうか?

私も昔はそうでしたが、特に意識せずに、適当にゴミとして捨ててしまっていました。

紙を捨てるときは、ぐちゃぐちゃにしてゴミ箱に。

服を捨てるときは、ただ丸めてゴミ袋の中に。

不燃物を捨てるときは、色んなものを山積みに。

などなどです。

今は不要となったものも、それを手に入れたときは、あなたに必要なものだったはずです。

着古した洋服、楽しく読んだマンガや本、壊れたり古くなった電化製品。

みんな、あなたのために頑張ってくれていたはずです。

それを、いらなくなったからといってポイっと捨ててしまう、これは、あまりにもものに対して失礼なことなのではないでしょうか?

せっかく頑張ったのに、いらなくなったらポイっと捨てられる、きっと、泣いて悲しんでいるに違いありません。

なので、不要になったものこそ大切に扱うべきだと思います。

今まで使わせてもらってありがとう、という感謝の気持ち。

それがあれば、絶対に捨てる時に粗末に扱うことなんてできません。

服は、キレイにたたんであげる。

本は、キレイに並べてあげる。

電化製品は、ピカピカ磨いてあげる。

感謝の想いを込めて。

そのように感謝しながら、不要なものを捨てる。

これが、今まで頑張ってくれたものに対しての敬意だと思います。

捨てるものこそ、感謝の気持ちを持って、大切に扱ってあげてくださいね。