クレジットカードのポイントの効率的な貯め方とは?


今の時代、一般的に使われるようになっているクレジットカード。

そのクレジットカードで見逃せないのが、そう、ポイントです。

クレジットカードのポイントでタダで買い物をしたりすると、とてもお得な気分になります。

今回は、そんなクレジットカードのポイントをどやったら効率的に貯められるかをお話ししていきますね。


[ad#co-1]

ポイントを効率的に貯めるコツ


クレジットカードのポイントをより多く貯めるには、当たり前ですが、カードをたくさん使う必要があります。

しかし、クレジットカードは支払いの際に現金が財布から出て行かないので、ついつい使いすぎてしまうものです。

ポイントを貯めるために無駄遣いしたのでは、元も子もありません。

そのため、無駄遣いをせずにクレジットカードのポイントを効率的に貯めるコツは、下記2点が重要になります。


・毎月の固定費を可能な限りクレジットカード払いにすること

・絶対に必要な費用の支払いをクレジットカードにすること

この2つのコツについて、これから詳しく見ていきます。

クレジットカードで払える固定費

日々生活をしていると、毎月必ず発生する費用があります。

どうせ毎月払わないといけないのであれば、ぜひクレジットカードを使いましょう。

これから、クレジットカードで払える毎月の固定費を紹介していきます。

家賃

毎月の固定費の中でかなりの割合を占める家賃。

これがクレジットカードで払えたらかなりのポイントが貰えます。

今までは家賃をクレジットカードで払えるところはほとんど無かったですが、最近は少しずつできるようになっているようです。

私はいま大東建託のアパートに住んでいますが、大東建託は条件付きではありますがクレジットカード払いが可能になりました。

私の契約条件では可能だったので、もちろんクレジットカードに切り替えました。

家賃をクレジットカードで支払うことができないか、一度調べてみる価値は十分にあります。

【効果金額】

6.5万円/月×12ヶ月=78万円

保険料、個人年金

これはあまり知られていませんが、生命保険料などの保険料や、個人年金もクレジットカード払いが可能なところが多くなっています。

私は保険は日本生命にお世話になっていますが、日生はクレジットカード払い可能です。

保険料も、固定費の中ではかなりの金額を占めるもの。

可能であれば、クレジットカードで支払いたいものです。

【効果金額】

夫保険=1.7万
妻保険=1.3万
個人年金=1.8万
学資保険=1.3万
保険料合計=6.1万円

6.1万円/月×12ヶ月=73.2万円

ケータイ代

スマホを使っていると、毎月のケータイ代もかなりかかってくるものです。

お店に行って支払方法にクレジットカードを選択すれば簡単にできますので、ポイントゲットに役立てましょう。

【効果金額】

2万円×12ヶ月=24万円

電気代、ガス代、水道代

光熱費なども、クレジットカードで払えます。

ただ、電気代は大手の電力会社に払うので間違いなくクレジットカード払いができますが、ガス代や水道代は、会社や自治体によってはできない場合もあります。

私の住んでいるところでは、ガス代、水道代がクレジットカードでの支払いが不可です。

早く、クレジットカードの対応をしてほしいところです。

【効果金額】

2万円×12ヶ月=24万円

このように、毎月の固定費の中でクレジットカードで払えるものはかなりあります。

上記4つを全て足すと、200万円にもなります。

これを口座振替にするか、クレジットカードにするか、どちらがお得かは明らかですよね。

[ad#co-2]

絶対に必要な支出

次に、絶対に必要な支出について見ていきます。

生活をしていると、どうしても必要な支出というものが出てきます。

無駄遣いはいけませんが、絶対に必要な支出に対してはクレジットカードで支払いましょう。

病院代

病院代も、クレジットカードで払えるところがあります。

日々の診療などは現金でも良いと思いますが、入院などでまとまったお金を支払うときはクレジットカードでの支払いを検討してみましょう。

例えば、急な入院などで高額療養費の自己負担分以上の費用が発生した場合などです。

クレジットカードで医療費を支払っても、もちろん自己負担分以上の金額は申請すれば後日返還されますので、ポイントが貯まってお得です。

家具・家電

家具や家電も、生活する上で必ず必要になるものです。

同じものを買うのであれば、現金よりもカードの方がポイントが貯まってお得です。

ただ、家具・家電はついつい買いすぎてしまうことも多いので、それだけは注意をしましょう。

ガソリン代などの交通費

日々のガソリン代や高速料金(ETC)、飛行機や新幹線などの乗り物代。

これらも、生活していれば必ず発生します。

交通費も、クレジットカードでの支払いを検討したいものの一つです。

その他

その他のものとしては、インターネットでする買い物、NHKなどがあります。

全て一括で支払い、リボ払い・分割払いはしない

クレジットカードを使用するときに気を付けたいことが、支払いを全て一括で行うことです。

ポイントを貯めるためにクレジットカードを使うことは良いことですが、リボ払い・分割払いは良くないです。

なぜなら、リボ払いや分割払いをすると、ポイントの何倍もの利子を取られるからです。

クレジットカードのポイントは一般的には1%前後です。

これは、100万円使った場合で1万円貰える計算になります。

しかしながら、リボ払いや分割払いの年利率は15%もあります。

もし100万円のものを12回の分割払いで支払うと、合計で約108万円払うことになります。

つまり、8万円も余計に払うことになるのです。

1万円のポイントをもらうために8万円の利子を支払っては、意味がないですからね。

リボ払いも同じで、支払いを繰り越した分には利子がかかりますので、確実にポイント以上の支払いが発生します。

こうなるとお得ではなく損になってしまうので、やらない方が良いです。

まとめ

冒頭にも書きましたが、クレジットカードのポイントを効率的に貯めるコツは下記の2点です。


・毎月の固定費を可能な限りクレジットカード払いにすること

・絶対に必要な費用の支払いをクレジットカードにすること

・全て一括払いで払うこと

あなたもこれらの方法でたくさんクレジットカードのポイントを貯めて、お得な気分を味わってみてはいかがでしょうか?

[ad#co-3]