クレジットカードの一括払いは借金かどうか考えてみた


家計において、借金やローンをしないように気を付けて生活をされている方、少なくないのではないでしょうか?

分割払いで買ったものや家の車のローン、将来的に絶対に払わないといけないし、それに利子もかかってきますもんね。

しかし、ここで気になるのがクレジットカードの一括払いは借金になるのかどうか?

これが借金と言われると、完全無借金はかなり厳しそうです。

今のご時世、ネットショッピングや高速道路のETCを始めとして、カードを持たない生活はかなりの不便を強いられます。

そこで今回は、それが借金なのかどうかについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

法的には借金ではない


まずは、法律的な視点からみてみます。

クレジットカードで買い物をした場合、単にカード会社がそのお金を立て替えているだけだから借金ではないそうです。

何か、意外ですよね。

感覚的には明らかに借金のような気がしますが、実は違うんですね。

そして何と、ショッピングではなく分割やリボ払いで支払った場合も、借金ではないのです!

分割払いやリボ払いで追加で払っているのも、あれは借金の利息ではなくカード会社への手数料だったんですね。

驚きです。

ただし、カードのキャッシング機能を使ったときはそれは立派な借金で、法律的にも完全な借金となります。

家計から考えると借金


しかし、法律では借金では無いと言われても、やはり少し違和感があります。

そこで、法律は抜きにして家計の立場から考えてみたいと思います。

そもそも借金とは何かと考えると、「誰かからお金を借りていずれは返さないといけないもの。」と言えます。

クレジットカードの一括払いでも、一時的にカード会社からお金を借りて、それを次回支払日に払う義務が生じますので、やはり借金と言えると思います。

スポンサーリンク


普通の借金との違い


でも、やはり普通の借金とも全く同じと言われてもそれも違いますよね。

そこで、普通の借金との違いについて今度は考えてみたいと思います。

まず普通の借金の特徴と言えば、借金に利子を付けて返さないといけないことです。

家のローンや車のローンの利子の金額を見ると、びっくりするくらいの金額を追加で利子として返済していますよね。

では、クレジットカードはどうでしょうか?

その逆ですよね。

何と、借金をしているはずなのにポイントがもらえます。

これは、借金をしたのにお金がもらえたのと同じことです。

この点は、明らかに普通の借金とは違っているところですね。

マイナス金利の借金と同じ


借金してお金が増えるということは、これはまさしくマイナス金利の借金と同じだと思います。

2016年に大きな話題となった日銀のマイナス金利政策、これの家計版ですね。

お金を借りたら、お金をもらえる、何とも不思議な借金ですね。

しかも、その利率はカードによって違いますが、1%なんてカードも普通にあります。

今の銀行の普通預金の利率が0.001%ですから、なんとその1000倍ですね!

これは、銀行に10万円預けても1円しかもらえないけど、10万円カードを使ったら1000円もらえるということです。

とんでもない違いですね。

ただ、カードのポイントをゲットするために浪費してしまったのでは、元も子もありませんのでそこは注意です。

クレジットカードを効果的なポイントの貯め方についてはこちらの記事に書いていますので、こちらを参考にされてください。
↓↓
【クレジットカードのポイントの効率的な貯め方とは?】

まとめ


以上のことから、クレジットカードの一括払いは借金かどうかについて、下記の結論に辿り着きました。

【クレジットカードの一括払いは借金と考える必要は無く、例え残高があっても無借金の家計と言って良し】

≪理由≫

・法律的に借金でないため

・クレジットカード抜きでは不便な社会になってるため

・利子を支払うどころか、逆にポイントがもらえるため

もちろんこれは一括払いのみで、利子のような手数料が取れれる分割払いとリボ払いは、家計からみたら100%借金です!


スポンサーリンク