車を安く買うための値切り交渉のコツ


人生の買い物の中で、多くの人にとって家の次に高額な車。

金額が高いだけに、なるべく安く買いたいものです。

今回は、そんな車をなるべく安く買うための値切り交渉のコツをお話していきますね。

[ad#co-1]

ディーラーはなるべく値切られたくない


まず大前提に頭に置いておかなければならないことは、ディーラーはなるべく値切られたくないということです。

ディーラーも慈善事業をしている訳ではないので、これはまあ当たり前の話ですよね。

でも、ここは重要なんです。

ディーラーはなるべく値切られたくない中で、こちらはなるべく値切りたい訳です。

なので、値切り交渉にはコツが必要になります。

気合やお願いでは値切れない

車を値切るときに、気合やお願いで交渉しようとしても、無理です。

気合やお願いで安くしてくれるほど、世の中は甘くありません。

ディーラーの営業マンの人も、物を売るプロです。

お客さんに値切りをお願いされることなど日常茶飯事。

そんなお願いをいちいち聞いていては、お店が潰れてしまいます。

あの手をこの手を使って、なるべく値切られないように買ってもらえるよう、お客さんを説得しようとします。

気合やお願いで値段を下げてくれることは、まずありません。

いろいろな車の見積もりを取る

気合やお願いで値切れないなら、どうするか?

次に思いつくのは、いろいろな車の見積もりをとることです。

例えば自分の欲しい車がトヨタのプリウスだった場合でも、ホンダのインサイト、日産のエクストレイル、マツダのアクセラなど他社の車の見積もりを取る訳です。

そして、あたかもまだ迷っているようなフリをして、プリウスの値切り交渉をするのです。

でもこれも、何もしないよりもマシですが、まだ値切り交渉の仕方としては不十分です。

この場合ディーラーはどのように話をしてくるかというと、その車の良いところを押してくるのです。

「確かに値段は他社の車の方が安いかもしれませんが、何といってもこの燃費の良さがプリウスの魅力なんです!」などです。

値段以外のセールスポイントを押してきて、肝心の値切りの部分は応じてくれません。

こちらとしてもプリウスが本命なので、これ以上の強気の交渉はなかなかできないのです。

[ad#co-2]

全く同じ車で相見積もりを取る

他社の車でも交渉材料としてはいまいち。

ではどうすれば良いかというと、全く同じ車で違うお店の見積もりを取るのです。

全く同じ製品の見積もりを違うお店からとることを、「相見積もり」といいます。

そう、何かものを買うとき、買う側にとって最強の交渉手段が、この相見積もりなのです。

あなたの心の中で、欲しい車と付けたいオプションが決まったとします。

そして、その条件で違うお店から相見積もりを取るのです。

そうすると、ディーラーはどうなるか?

先ほどと違って、製品の特長を説明するという選択肢が使えなくなってしまいます。

つまり、値段以外の交渉要素がなくなってしまうのですね。

これが、車を安く買うための最大のコツです。

値段以外の交渉要素を、可能な限り取り除くのです。

これがあると、こちらも強気で交渉できます。

もし他社よりも値段が高かったら、あなたのお店では買いませんと言うことができますからね。

同じ製品の購入先は?

同じ製品で見積もりを取って、金額以外の要素をなるべく排除して交渉することが大切なことは分かって頂けたと思います。

でも、実際に違うお店から見積もりをもらうのってどうしたら良いかが次の問題になりますので、そのお話をしていきます。

例えば、プリウスを買いたい場合。

今現在、トヨタ車のディーラーには、「トヨタ店」「トヨペット店」「カローラ店」「ネッツ店」の4種類があります。

これらはみんなトヨタの車を売っているディーラーさんですが、実はみんな違う会社なんです。

違う会社なので、同じトヨタ車でも、違うお店で買われたら、自分のところの利益にはなんにもならない訳です。

ここまでお話したらもうお分かりかと思いますが、プリウスを買いたい場合、違う販売系列のディーラーから相見積もりをとれば良いのですね。

しかし、プリウスなどトヨタの人気車種はこの方法が使えますが、マイナーな車で一つのディーラーしか取り扱ってなかったり、マツダのようにディーラーが一種類しかないメーカーの車もあります。

そんな場合はどうすれば良いか?

多少裏ワザ的にはなりますが、他県のディーラーから相見積もりを取るという手段があります。

例えば、同じトヨタ店でも、東京トヨタと神奈川トヨタでも、同じトヨタ店ですが違う会社になります。

違う会社なので、相見積もりが取れるのです。

目標金額は、定価の8割程度

では最終的にどのくらいの金額まで値切れるのかという話になってきますが、値切り金額の限界は、だいたい定価の8割程度までです。

300万円の車であれば目標金額は240万円、200万円の車であれば目標金額は160万円になります。

これは車だけではありませんが、小売店はだいたいメーカーから定価の50%くらいで商品を仕入れています。

これは、本体価格100万円の車を、ディーラーは50万円でメーカーから購入している計算になります。

ということは、この車が1台売れると、ディーラーは50万円儲かる訳です。

これだけ見ると、ディーラーってめちゃくちゃ儲けてるやん!って思いますが、もちろん、販売するためにはそれなりの費用がかかりますから、これが丸々利益になっている訳ではありません。

車を一つ売るのにも、店舗を儲け、広告を出し、営業マンがお客さんに製品の説明をするなど、やることがたくさんあります。

物を売るということは、意外と費用がかかるのです。

ディーラーもボランティアでやっている訳ではないので、どんなに値切っても売ったら赤字になる値段には絶対にしてくれません。

そして、販売費用などの諸経費を抜いてもギリギリディーラーが利益を出せる価格が、だいたい定価の8割くらいなのです。

実際にここまで値切れるかはやってみなければ分かりませんが、このくらいの金額を目標にして交渉に望んでください。

その後のメンテナンスについて

車を買うと、その後のメンテナンスのことも考えなければなりません。

車を安く買うために遠くの店で買ったり、ディーラーさんから値切り交渉の結果嫌われてしまうというのも不安要素になると思います。

でも、その後のメンテナンスの不安を解消する方法があります。

それは、近くの町の車屋さんで、良いお店を見つけることです。

車のメンテナンスは、ディーラーでやるものだとあなたは思い込んでいませんか?

実は、ディーラーに任せるよりも、地場の車屋さんでやってもらった方が良いことも多いのです。

しかも、ディーラーにメンテナンスを任せると、とてつもなく高くつく場合がほとんどです。

例えば車検。

ディーラーさんに車検をお願いすると、車検の技術料自体が高いうえに、次の車検までの安心パックなどのオプションも勧められ、何も悪いところがないのに総額15万円くらいもかかってしまうことが良くあります。

町の車屋さんでは、車に悪いところがないのに10万円を超えることは、まずありません。

車が故障したり事故をしたときも、町の車屋さんでもしっかりと対応してくれます。

このように、購入後のメンテナンスは町の車屋さんの方がお得な場合がほとんどです。

会社の人や友人に話を聞けば、良い車屋さんを紹介してもらえると思います。

ディーラー以外でメンテナンスをするという選択肢を持つことができれば、メンテナンスの不安も解消できます。

以上で、車を安く買う値切り交渉のお話はおしまいです。

なるべく車を安く買うための参考にしてくださいね。

[ad#co-3]