マンション3LDKの理想の間取りを考えてみた


人生で最大の買い物であるマイホーム。

一生に関わる問題でもありますので、買ってから後悔はしたくないものです。

最近では、その利便性や老後の生活のしやすさから、マンションに住みたいという人も多いと思います。

そんな中で、今回はマンション3LDKの理想の間取りを考えてみました。

スポンサーリンク

家族構成


まずは、3LDKに住む家族構成から。

我が家はいま夫婦+子供1人の3人家族ですが、将来的には子供をもう一人まではと考えています。

その為、下記二つの家族構成をどちらでも対応できるようにしたいと思っています。

・夫婦+子供1人の3人家族

・夫婦+子供2人の4人家族

今回も、この2つの家族構成を想定しての理想の間取りを考えます。

また、家族4人までであれば、4LDKの必要はないかなと思います。

もちろん広いに越したことはありませんが、予算の関係もありますので、3LDKで十分では無いかと思います。

マンション3LDKの理想の間取り


それでは早速ではありますが、私の考える3LDKの理想の間取りはこちらになります。

3LDKマンションの間取りとしては広く採用されているものでもありますので、入手性もかなり良いのではないかと思います。

マンション理想間取り

スポンサーリンク


この間取りに込めた想い


それではここから、この間取りに込めた想いを説明していきます。

カウンターキッチンのある広いLDK


3LDKのマンションは、決して広いとは言えません。

その為、その中でもいかに開放感を持って暮らせるかがポイントになります。

そこで欲しいのは、開放感のあるカウンターキッチンのある広いLDKです。

カウンターキッチンにすることでかなり開放感が上がり、ゆったりとLDKで過ごすことができます。

またカウンターキッチンであれば、キッチンに立ちながら子供の様子を見たりテレビも見れるので、キッチンに立つ妻にも使い勝手の良い間取りとなります。

多目的に使える和室


リビングに隣接した多目的に使える和室、これも重要です。

この和室は、何種類もの使い方で大活躍すると思います。


・子供が小さいうちは、子供の遊び場として

・子供が大きくなったときは、子供部屋もしくは夫婦の寝室として

・お客さんが泊まりに来た際の寝室として

・こたつを置いて、リビングの延長にする

・ひな人形などを飾る場所にする

・書斎にする

・物置スペースとして使う


少し考えただけで、これだけの使い方思い浮かびます。

ウォークインクローゼット


3LDKマンションの最も懸念しなければならないことに、収納不足があります。

決して広いとは言えない3LDKのマンション、夫婦だけなら何の問題もありませんが、子供ができるとどう考えても収納不足で物が溢れかえる予感がします。

そこで活躍しそうなのが、この主寝室にあるウォークインクローゼット。

2帖ある広々としてウォークインクローゼットを設けることで、余裕ある収納スペースを確保することができます。

ゆとりあるバルコニー


バルコニーも、広々としたものが良いです。

第一の目的は、洗濯物。

洗濯物はやはり外に干したいものです。

そこで気になるのは、急な雨。

急な雨が降っても、洗濯物が濡れてしまわない方が良いですよね。

ゆとりあるバルコニーがあれば、洗濯物を干しているところまで雨が降り込まないので、選択物を干しても安心です。

また、靴を洗ったりもできるので、それも良いですね。


まとめ


以上が、私の考える3LDKマンションの理想の間取りです。

こんなマンションに住んでみたいです。

今はマイホーム探しの真っ最中ですので、こんな理想の物件を購入することができればと思っています。