下関市内の山陽本線に設置して欲しい新駅はココ!


山陽本線は、もともと都市間の中距離輸送を目的として建設されました。

その為、他の路線と比較すると駅間の距離はかなり長くとられており、駅と駅の間の地区に住んでいる人は、せっかく線路が目の前を通っているのに駅は遠いということが良くあります。

そして、下関市内の山陽本線も同じような状況です。

沿線には住宅街が広がっているにも関わらず、駅間はかなり広く駅の中間の人たちはかなり不便です。

同じ山口県内の小野田線や宇部線はかなり駅間距離が近いですので、羨ましくなります。

そこで今回は、ここに駅があったら便利!と私が考える下関市内に設置して欲しい山陽本線の新駅についてお話ししてきます。

[ad#co-1]

王司駅


一つ目は、王司駅です。

場所は、小月・長府間にある王司地区、にししん総合グラウンド付近です。

下関は人口減少率が全国でもトップクラスというかなり厳しい状況にあります。

しかし、そんな下関でも数少ない人口が増え続けている地区がこの王司地区です。

大東建託やアパートが建ちまくっています。

下関市東部には、長府扇町や木屋川工業団地、小月駅近くにある日清やシマノなど働き口がたくさんあるので、就職を機に引っ越してくる若い人が多いのでしょう。

そして、これらの会社に勤める際に住む場所として非常に住みやすい地区が王司なので、人が増えているのですね。

そんな背景もあってか、セブンイレブンの下関王司店はクリスマスケーキの予約数が日本一らしいです。

周りに若い夫婦や独身の人が多いので、お手軽に買えるコンビニのケーキが人気なのでしょうね。

そんな貴重な下関の人口急増スポットにも、一つだけ不便な点があります。

それは、近くに電車の駅がないこと。

東の小月駅、西の長府駅ともに数キロ離れており、徒歩圏内とはとても言えません。

なので、王司駅が欲しいのですね。

もともとにししん総合グラウンドは、にししんがこの付近に駅が建設されることを見越して、その際に売却するために確保した土地とも言われています。

土地もあり需要もありますので、ぜひとも建設して欲しいですね。

城下町長府駅

二つ目は、城下町長府駅

城下町長府は、かつて長州藩の支藩であった長府藩の文字通り城下町でありました。

周辺には、高杉晋作が挙兵したと言われている功山寺や長府毛利邸などの観光スポットや、豊浦高校や長府高校といった学校もあります。

また周囲には住宅街が広がっており、鉄道需要もかなり多いと思われます。

しかし、この地区も鉄道に関しては不便です。

最寄り駅は長府駅になりますが、かなり離れており徒歩圏内とは言えません。

その為、新駅をぜひ設置して欲しいのです。

場所は、国道二号線と並走しているとこから、新下関に向けてカーブしていくところ辺りが良いですかね。

正確にはこの場所は城下町ではありませんが、城下町の知名度を活かしてこの名前を付けたいです。

この位置であれば、城下町からも堂々と徒歩圏内と言えますしね。

おそらく、人口の密集具合や観光地が近くにあることを考えると、実際にできたら現在の長府駅より利用客多くなると思います。

下関にとってメリットの多い新駅になるかと思いますので、建設して欲しいです。

[ad#co-2]

川中駅

三つめは、川中駅

場所は、山陽本線と山陰本線が合流している付近が良いですかね。

新下関・幡生間の山陽本線沿線は、マンションも多く下関市内で最も人口が密集している地区でもあります。

周辺には、新下関、幡生駅の他、山陰本線の綾羅木駅がありますが、その全ての駅の中心に位置し、どの駅からも遠いのが川中地区です。

川中地区は大きな住宅街になっていますので、駅があれば住宅地から商業、工業地区への移動のための需要がかなり高いと思います。

人口密度の高い地域ですから、新駅を作って欲しいものです。

彦島駅

最後は、彦島駅

場所は、関門トンネルの出口付近ですね。

この場所は左右はすぐに住宅地が迫っていますが、上りと下りの線路の間にそこそこ広い空間がありますので、そこに一面二線の島式ホームを建てれば十分建設可能だと思います。

彦島は人口約3万人と全国有数の人口の多い島ですから、需要もかなり見込めるでしょう。

特に、九州方面のアクセスは格段に良くなります。

今までは九州に行こうと思ったら一度バスなどで下関まで行って電車に乗らなければなりませんでしたが、彦島駅があればすぐ電車に乗って九州に行けます。

門司や小倉に行く所要時間は、大幅に短縮されます。

ただ、彦島駅は下関にとっては諸刃の剣になるでしょうね。

もし彦島駅ができてしまうと、人口3万人の人たちのほとんどは、小倉に買い物に行くようになるでしょうからね。

大丸やシーモールにとっては大打撃です。

なので、彦島駅は例え地元住民から建設の要望があっても下関の政治家の大反対に遭って実現は難しそうです。

まとめ

以上が、下関市内に作って欲しい山陽新幹線の新駅です。

まとめると、下記の通りです。

・人口急増スポット、王司駅

・歴史と観光の町、城下町長府駅

・人口密集地帯の川中駅

・日本有数の人口の多い島にある彦島駅

実現には程遠い夢のような話かもしれませんが、実現したら絶対に便利になると思いますので、下関市とJRには是非とも前向きに検討して欲しいですね。

[ad#co-3]