二十四節気について!読み方や意味、日にちの決め方とは?


日本の生活に古くから密接に関わっている暦、二十四節気。

春分や夏至、大暑や大寒などですね。

しかし、これらの日にちはどのように決められているのか?

また、それぞれどのような読み方や意味なのか?

意外と分からなかったりするものです。

このページではそんな二十四節気の読み方や意味、日にちの決め方についてお話ししていきます。

[ad#co-1]

日にちの決め方


まずは、日にちの決め方について。

二十四節気って昔からある暦だから、きっと日にちも適当に誰かがそれらしい日に決めているのだろうと私は昔そう思っていましたが、それはとんでもない間違いでした。

二十四節気は実は超正確、日にちどころか、それこそ何分の単位できっちりと決められている暦だったのです!

これには驚きました。

こんな正確に日にちが割り出されていたなんて(驚)

それは、二十四節気の日にちは太陽の位置によって決められているからです。

二十四節気は、太陽の位置で決まっていたのですね。

決め方は、次の通りです。

まず、一年で最も日が短くなる冬至、日が長くなる冬至と、昼と夜の長さが同じになる春分、秋分があります。

これで、1年が4分割されます。

その4分割されたちょうど中間地点が、立春、立夏、立秋、立冬になります。

つまり、立春は冬至と春分、立夏は春分と夏至、立秋は夏至と秋分、立冬は秋分と冬至のそれぞれ中間の日になります。

更にそれぞれの節気の間に2つずつ、大暑や大寒などの節気が均等に決められており、全部で二十四節気となる訳です。

二十四節気は太陽の位置によって均等に分けられているので、365÷24≒15.2ですから、15日~16日で次の節気に移ります。

それぞれ次の節気までの日にちが約半月くらいだったのは、こういった理由があったからですね。

分かりやすいように表にすると、二十四節気の決め方はこんなイメージです。

今まであまり深くは考えていなかったのですが、いざ決め方を知ってみると、二十四節気も奥が深いと感じますね。

ちなみに参考ですが、2017年のそれぞれの節気の日にちは、下記の通りです。

[ad#co-2]

読み方と意味

次は、各節気の読み方と意味です。

それぞれ、下記の通りとなります。

◆立春(りっしゅん)2月4日ごろ
→春の始まりかつ二十四節気の始まりでもあり、この日が年初になる。冬至の春分の中間。

◆雨水(うすい)2月19日ごろ
→空から降るのが雪から雨に変わるころ。農耕の準備を始める目安。

◆啓蟄(けいちつ)3月6日ごろ
→冬眠をしていた虫たちが出てくるころ。

◆春分(しゅんぶん)3月20日ごろ
→昼と夜の長さが同じ日。

◆清明(せいめい)4月5日ごろ
→天地がすがすがしく、明るい空気に満ちる時期。

◆穀雨(こくう)4月20日ごろ
→田畑の準備をする頃に降る雨で、穀物の成長を助ける。

◆立夏(りっか)5月5日ごろ
→夏の始まり。春分と夏至の中間。

◆小満(しょうまん)5月21日ごろ
→気候が暖かくなって、万物が成長する気が始めるころ。

◆芒種(ぼうしゅ)6月6日ごろ
→稲の種を撒く目安。芒(のぎ)のある穀物=稲の種を撒くという意味。

◆夏至(げし)6月21日ごろ
→一年で一番昼の長さが長い日。

◆小暑(しょうしょ)7月7日ごろ
→梅雨の終盤で、暑さが本格的になってくること。大雨も降りやすい時期。

◆大暑(たいしょ)7月23日ごろ
→一年で最も暑い季節。梅雨が明けて、夏本番が始まるころ。

◆立秋(りっしゅう)8月7日ごろ
→秋の始まり。夏至と秋分の中間。

◆処暑(しょしょ)8月23日ごろ
→暑さの峠を越えて、涼しくなり始める時期。

◆白露(はくろ)9月8日ごろ
→朝晩が冷えるようになってきて、草木に白い朝露が降るようになる時期。

◆秋分(しゅうぶん)9月21日ごろ
→昼と夜の長さが同じ日。亡くなった人をしのぶ日。

◆寒露(かんろ)10月8日ごろ
→本格的な秋の始まりで、冷たい露が降るころ。米の収穫の時期。

◆霜降(そうこう)10月22日ごろ
→秋が深まって、霜が降るようになるころ。農業では、霜に注意する必要が始まる時期。

◆立冬(りっとう)11月7日ごろ
→冬の始まり。秋分と冬至の中間。

◆小雪(しょうせつ)11月22日ごろ
→紅葉が散って、雪が降り始めるころ。

◆大雪(たいせつ)12月7日ごろ
→雪が本格的に降り始めるころ。

◆冬至(とうじ)12月22日ごろ
→1年で最も昼の長さが短い日。ゆず風呂に入る。

◆小寒(しょうかん)
→寒さがより一層厳しくなるころ。

◆大寒(だいかん)
→1年で最も寒さが厳しい時期。1年の最後の節気です、

まとめ

以上が、二十四節気の読み方や意味、日にちの決め方についてです。

まとめると、下記の通りです。

・二十四節気の日にちは、太陽の位置を24分割して決めている。

・読み方や意味は、それぞれの季節のできごとや農業の目安になっている。

調べてみると、意外と奥が深い二十四節気。日本人として、これからも昔ながらの暦を大切にしながら日々の生活を送っていきたいものですね。

[ad#co-3]