自分の人生に大きな影響を受けた本5選!


人生にとって、時には最高の先生となる本

私も読書が好きで、いろいろな本を読み漁ってきました。

今回は、そんな本の中でも、私が最も影響を受けたと感じる本を5冊、紹介していきます!

スポンサーリンク

思考は現実化する





まず一冊目は、自己啓発本の最高峰と言っても過言ではない「思考は現実化する」です。

これ一冊あれば、成功哲学の全てを学ぶことができます。

著者のナポレオン・ヒル博士が生涯をかけて体系化した成功哲学が、600ページ以上の大ボリュームで語られています。

人生で成功しようと考えている人にとっては、必読の一冊です。

幸福なる人生




二冊目は、中村天風氏の「幸福なる人生」。

この本には、どうやったら幸福な人生を送れるかを、「具体的な方法」と共に紹介されています。

幸せな人生を送るにはどのような力が必要で、それをどうやったら身に付けることができるかが細かく書かれています。

金持ち父さん 貧乏父さん




3冊目は、ロバート・キヨサキ氏の「金持ち父さん 貧乏父さん」。

出版されたときには、とても大きな話題になりましたね。

この本を読んで、お金に関する考え方が大きく変わりました。

お金持ちはどういう考え方をしているのか、貧乏な人と何が違うのか?

このことについて、詳しく書かれています。

スポンサーリンク


マリッジ・プレミアム




4冊目は、赤城夫婦の「マリッジ・プレミアム」。

これは、結婚後の夫婦がどうやったら幸せになれるかについて書かれた本です。

幸せな夫婦生活を送ることができれば、寿命も延び、収入もアップするそうです。

しかし、悪ければその逆。

夫婦のステージを、幻想、戦国、調整、共鳴の4つに分けて、一番最後の共鳴夫婦にどやったら辿り着けるのか、具体的に書かれています。

超訳 ブッダの言葉




5冊目は、小池龍之介氏の「超訳 ブッダの言葉」。

この本では、仏教の本質的な教えを分かりやすく現代風の言葉で説いてくれます。

仏教の創設者でもある、ブッダ、お釈迦様の教えは、この世を生きる上で役に立つことがとても多くあります。

生について、苦について、死について、幸せについて、易しく解説されています。

まとめ


以上が、私が人生で大きな影響を受けた本5冊です。

まとめると、下記の通りです。

・思考は現実化する

・幸福なる人生

・金持ち父さん 貧乏父さん

・マリッジ・プレミアム

・超訳 ブッダの言葉


人生においてとても役に立つ本ばかりですので、あなたもぜひ読んでみてくださいね。


スポンサーリンク