因果応報や自業自得の本来の意味!カルマの法則とは?


現代でも良く使われている四字熟語である、「因果応報」や「自業自得」。

今では良く、悪いことに対して使われる機会が多いです。

例えば、「テストの点数が悪かったのは、日ごろ勉強をしなかった人の自業自得だ」などですね。

しかし、この言葉は本来は仏教から生まれた言葉で、決して悪いことだけを指すのではありません。

今回は、これらの四字熟語の本来の意味についてお話していきますね。

[ad#co-1]

結果には必ず原因がある


因果応報や自業自得はもともと仏教から来ている言葉なので、まずは仏教の考え方を見てみましょう。

仏教の考え方の一つに、結果には必ずその原因があるということがあります。

何か一つのものごとが起こったとき、それは偶然起こったことではなく、それが起こることになった原因がどこかにあるということですね。

これは、良いことも悪いことも、全てにおいて当てはまります。

仕事で良い成果が出せたのなら、その結果に結びつく努力を必ずしていたはずです。

もし病気になってしまったら、日ごろの生活習慣がまずかったのかもしれません。

仏教では、自分の行いのことを業(カルマ)と呼ぶ

仏教では自らが行ったことを業(カルマ)と呼びます。

業は、大きく分けて3つのものがあります。

一つ目は「」。

自分が毎日思っていることですね。

二つ目は「言葉」。

自分が毎日発している言葉です。

三つめは「行動」。

自分が毎日行っている行動です。

これらの業が原因となって、自分の身の周りに起こる結果として現れるのです。

[ad#co-2]

良い業が良い結果を、悪い業が悪い結果を生む

このような仏教の考え方を元にすると、因果応報や自業自得の本来の意味は、「良い業が良い結果を、悪い業が悪い結果を生む」ということになります。

日ごろから良い行いをしていれば、それが原因となって良い結果が導かれます。

逆に日ごろの行いが悪ければ、それが原因となって悪い結果が自分に降りかかるということですね。

そしてこの業は、上で述べたように「心」「言葉」「行動」によってもたらされます。

日ごろから、どのような思いで1日を過ごすか、どのような言葉を使って一日を過ごすか、どのような行動をして1日を過ごすかを考えることが、如何に大切であるかが分かります。

これらの積み重ねが原因となって、自分の運命が大きく変わってくるのですから。

このような理由があると、人が見ていないところでも悪いことをするのが良くないことも納得できますよね。

例え人が見ていなくても、悪いことをすれば、それが原因となってあとから必ず自分自身に悪いことが起こるということですからね。

因果応報や自業自得の本来の意味を考えながら、幸せな人生なるように生きて行きたいですね。