人はなぜ学ぶのか?吉田松陰が牢獄でも学び続けた意味


大河ドラマ「花燃ゆ」でも一躍有名になった吉田松陰。

彼は、例え牢獄の中でも、死刑が決まった後でも学ぶことを止めなかったそうです。

そんな彼の学問に対する姿勢に、「人はなぜ学ぶのか?」という問いに対する純粋な答えがあるような気がします。

今回は、このことについて深く考えてみたいと思います。

[ad#co-1]

吉田松陰はなぜ牢獄でも学び続けたのか?


まずは、吉田松陰が牢獄の中で勉強する意味について、自身が獄中で記した「講孟余話」にまとめられていますのでその考えを見ていきます。


まずは皆さんと一緒に牢獄の中で学ぶ意味について考えてみましょう。

世間的な考えでは、死ぬまで牢獄に入れられて二度と社会に出られないのであれば、一生懸命勉強してもそれは何の役にも立たず全く無意味だということになるかもしれない。

しかし、これは損得にしか目線がいっていない短絡的な考えのもので、本来の学びとはそうではない。

損得勘定を抜きにして、人の心は生まれながらにして学びたいという気持ちを持っている。

人に生まれて人としての正しい生き方を知らない、臣として子として武士としてそのあり方の正しい道を知らない。

これは最大の恥である。

もしこれを恥ずかしいと思う気持ちがあるのであれば、本を読み、道を学ぶほかない。

そして少しでもその道を知ることができればそれは心からの喜びではないだろうか。

孔子の「朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり」というのはまさにこのことである。」


これが、吉田松陰が牢獄でも学び続けてた理由ですね。

社会に役に立つかどうかが学ぶ理由ではなく、人としての正しい道を知ることが学ぶ最大の理由だったのですね。

この考え方は、非常に大切なことなのではないかと思いました。

[ad#co-2]

損得本位の考え方での勉強

今までの自分の勉強の仕方を振り返ってみると、まさにこの損得勘定の考え方での勉強だったと思います。

今まで自分が何の為に勉強をしてきたか、箇条書きにしてみます。

≪学生時代≫

・親に喜んでもらうため

・テストで良い点数を取るため

・受験勉強のため

・大学の単位を取るため

・将来の仕事のため

≪社会人≫

・仕事で必要な知識を習得するため

・社会の役に立つため

・資格を取るため

・出世のため

このようなことを目的で勉強をしてきました。

もし勉強の目的がこれらであれば、果たして私は一生外には出られない牢獄に入れられたとしても勉強できたでしょうか?

できないですよね。

いくら勉強しても、それを生かせる仕事もなければ、社会のお役に立つこともできません。

吉田松陰から見れば、このような学び方はただ損得勘定を考えているだけだと言っているのですね。

この言葉は、胸に響きました。

道を知るための勉強

では、私にとって道を知るための勉強とは何でしょうか?

自分の人生や家族、今している仕事や趣味などから考えると、下記のような道が思い浮かびます。

人として、夫として、親として、子として、社会人として、会社員として、エンジニアとして、ブロガーとして、ゴルファーとして、碁打ちとして。

これらの正しい道を知らないことを恥じる気持ち、これらの正しい道を少しでも知ることを喜ぶ気持ち。

その為に学ぶのが、吉田松陰の考える人間の本来持って生まれた天性に沿った学び方だったのですね。

私もこれからは、このような気持ちであらゆる道を学んで行けたらと思います。

まとめ

以上が、人はなぜ学ぶのか?吉田松陰が牢獄でも学び続けた意味についてです。

まとめると、下記の通りです。

・何かの役に立たなければ学ぶ意味が無いというのは、損得本位での考え方

・人として生まれて、人の生きる正しい道を知りたいという気持ち、これこそが本来の学ぶ理由である

このような気持ちを忘れずに、これからの人生を歩んでいきたいですね。

[ad#co-3]