忍耐と我慢の違い~本当の忍耐力とは~


私が生きて行く中で気になっていたことに一つに、「本当の忍耐力とは何か」ということがあります。

忍耐とは、ただ辛いことに耐えるだけとはちょっと違うような気がしてはいたのですが、どう違うのかをずっと考えていました。

今回は、私なりに考えて辿り着いた忍耐と我慢の違いについてお話ししていきます。

[ad#co-1]

生きていると、自分にとって嫌なことが起こる


この世に生を受けて生きて行く上で、嫌なことは必ず起こります。

今まで生きてきた中で、嫌なことが一度も起きたことが無いという人は、間違いなく一人もいないでしょう。

自分にとって嫌なこと、不利益なこと、辛いことは、必ず起こります。

これは疑いようのない事実です。

そして、この自分の周りに起こった嫌なことをどう受け止めるかによって、忍耐なのか我慢なのかが、違ってくるのだと思います。

我慢とは何か?

まず、我慢とは何かについて考えていきます。

我慢とは、嫌なことが起きた場合に、それを嫌なものとしてしぶしぶ受け入れる行為だと思います。

自分に向けて放たれたマイナスのエネルギーを、そのまま自分の中に入れてしまっているのですね。

そのマイナスのエネルギーにより痛めつけられている心身を、何もせずにその痛みをひりひりと感じ続けている状態です。

しかし、その嫌なことに耐えなければ自分自身が生きていけないので、嫌々ながらにそのできごとを受け入れている。

これが、我慢です。

我慢は自分に向けられたマイナスのエネルギーをそのまま自分自身に取り入れる行為となりますので、我慢をすればするほど自分の中にマイナスのエネルギーが溜まっていきます。

そのため、我慢を続けるとどんどん人生が不幸になってしまいます。

[ad#co-2]

忍耐とは何か?

では、忍耐とは何か?

忍耐とは、自分の周りで嫌なことが起こったとき、そんな状況でも自分の心をポジティブな状態に保つ力だと思います。

我慢が外から入ってきたマイナスのエネルギーをそのまま受け入れてしまうことに対して、忍耐は外からのマイナスエネルギーを自分の内側には入れず、内なるプラスのエネルギーによって外へはじき返す行為であるということです。

そうすることにより、外から入ってくるマイナスのエネルギーが自分の体の中に入ってくるのを防ぎます。

これが、忍耐です。

忍耐力があれば、どんなに自分の周りで嫌なことが起きても、それによって発せられるマイナスのエネルギーが自分の中に入ってくることを防ぐことができます。

そのため、忍耐力があればあるほど、人生がどんどん幸福になっていきます。

忍耐力を身に付けるには?

では、肝心な忍耐力を身に付けるにはどうしたら良いでしょうか?

そもそも人がなぜ我慢をするかと考えると、我慢をしないと生きていけないからというところに辿り着きます。

いくら嫌なことがあっても、その嫌なことを我慢しなければ生きていけない、だから仕方なく我慢するということですね。

そのようになってしまうのは、自分の人生を誰かに頼って生きるという依存心に起因します。

我慢から解放されるには、人を頼ろうとする気持ちから脱却し、自分自身の力でこの世を生き抜くという強い力と覚悟が必要になります。

その力こそ、忍耐力であると思います。

つまり、忍耐力を身に付けるということは、自分の人生を自分自身の力で生き抜く力を身に付けるということなのです。

なので、人生において自分の力で生きて行く力を身に付けないでいると、我慢することだけがどんどん増えて行き、どんどん不幸になっていきます。

それに対して忍耐力を身に付けて行けば、どれだけ嫌なことが起ころうと自分の力でそれを跳ね返すことができるので、人生がどんどん幸せで豊かなものになっていきます。

どちらの人生を送りたいかは、比べるべくもありませんね。

まとめ

我慢とは、嫌なことを生きるために仕方なく受け入れている状態のこと。

外から入ってくるマイナスのエネルギーが自分自身の中にどんどん入ってくるので、それにより心身ともに痛めつけられ、人生がどんどん不幸になっていきます。

忍耐とは、嫌なことは自分自身で跳ね返せる力のこと。

外から入ってくるマイナスのエネルギーを自分自身の内なる力で跳ね返し、決して自分自身の中には入れないので、心身が痛めつけられることもなく、人生がどんどん幸せで豊かなものになっていきます。

以上が、我慢と忍耐の違いです。

忍耐力を身に付け、より幸せで豊かな人生を送っていけるようになりたいですね。

[ad#co-3]