入道雲とはどんな雲?


今年も夏がやってきました!

夏といえばそう、入道雲です。

青い空に浮かぶ真っ白な入道雲。

まさに、「夏」という感じですよね。

今回は、そんな入道雲の疑問お解決していきます。

入道雲

入道雲とは


入道雲は、夏の午後に良く見かけられるもくもくとしたとても大きな雲です。

夏に良くできている雲で、「ザ・夏!」というような雲で、夏の写真とかにも良く撮られています。

私も、この雲が大好きで、見ると今年も夏が来たなーと感じます。

日本の夏の風景には、欠かせない雲ですね。

名前の由来


入道雲は、気象用語では「積乱雲」や「雄大積雲」と言います。

気象用語、なんとも味気がないですね。

入道雲を見て、「あっ、積乱雲が出てる!」なんて言ったら夏の風情もあったものではありません。

入道雲という名前は、情緒ある素晴らしい名前だと思います。


この名前の由来は、大入道という妖怪であると言われています。

もともと入道とは、仏の道に入ることを意味しており、そのことから、お坊さんのことを入道と呼ぶようになりました。

お坊さんはご存知の通り基本的に坊主頭ですので、このことから坊主頭の人も入道と呼ぶようになりました。

そして、坊主頭の大きな妖怪に、大入道という名前が着きました。

この大入道に雲の形がそっくりだったので、入道雲という名前が付けられたそうです。

実際に大入道の妖怪を見てみると、本当に入道雲にそっくりでした!

入道雲に遭遇したときの注意点


そんな美しくて見ていても飽きない入道雲ですが、入道雲にはもう一つ恐ろしい別の顔があります。

その顔とは、「雷雲」。

夏の夕方に突然やってくる夕立、ゴロゴロという恐ろしい雷鳴を伴った雷、最近ニュースなどでよく聞くゲリラ豪雨も、全て入道雲の仕業です。

遠くから見るととてもキレイな入道雲ですが、入道雲の下では結構やばい天気になっているのです。

もし外出中に入道雲を見かけて、その雲がこちらの方面に来ていたら、こんな急な天候の変化に十分に気をつけてくださいね。