ゴルフのマナー!ラウンドに行くとき、どんなことを守れば良いの?


私は、大学時代にゴルフ部に入っていました。

その時にまず何より先に教わったのが、マナーです。

ゴルフは紳士のスポーツ、マナーはとても大事です。

このページでは、そんなゴルフのマナーにおいて、どんなことを守っていけば良いかについてお話ししていきます。

スポンサーリンク

最低限のマナー


まずは、例え初心者だとしても守るべき最低限のマナーについてです。

・スロープレーをしない


ゴルフをする上で最も大切なマナーは、スロープレーをしないことです。

これだけは、どんな初心者でも意識しなければなりません。

ゴルフは、一人でしている訳ではありません。

スロープレーは、前後の組はもちろんですが、自分の組で一緒にラウンドしている人にも迷惑をかけます。

進行を早くする。

これだけは、絶対に守らなければならないマナーです。

・人のラインを踏まない


グリーン上で最も守らなければならないマナーは、人のラインを踏まないことです。

ラインとは、人のボールからカップまでの道筋のことですね。

ラインを踏んでしまうと、ボールの転がりが変わったりなどの実害もあります。

踏まれた人はかなり気分が悪くなりますので、気を付けなければなりません。

・ゴルフらしい服装でプレーする


ゴルフは紳士のスポーツですから、服装にも気を付けなければなりません。

一番良いのは、上はポロシャツで、下はスラックスです。

また、格式高いゴルフ場に行く場合は、更にブレザーを着用しましょう。

・人がプレーをそているときは静かに


これはマナーというよりは当たり前の話だとは思いますが、人がプレーしているときには静かにしておきましょう。

プレーしている最中に話し声や物音がすると、ショットの為にしている集中が崩れ、大変迷惑になります。

・バンカーやボールマークを直す


ゴルフ場は、自分以外の人もプレーしています。

その為、自分が荒らしたところは自分で直さなければなりません。

最低限直したいのが、バンカーとグリーン上のボールマークです。

この2つは、かならず直すように心がけましょう。

スポンサーリンク


一つ上のマナー


ここからは、初心者を脱出したときには守りたい、一つ上のマナーです。

・人のボールを良く見る


少し上手になって周りを見る余裕ができるようになったときにやりたいことが、一緒にラウンドしている人が打ったボールを良く見ることです。

自分が打った球というのは、たまに見失ったり、落ち際が死角になっていて見えなかったりということがあります。

そういった時に、一緒にラウンドしている人にボールを見てもらえると、とても助かります。

また、ボールが見つからないときも、一緒に探すようにしましょう。

・ラインに自分の影を被らせない


グリーン上で人のラインを踏まないことはもちろんですが、もう一歩上に行くと、影も人のラインに入らないように気を付けましょう。

パターをするときに、ライン上に人の影があると意外と気になるものです。

・組み全体の進行に気を回す


自分がスロープレーしないことはもちろんですが、一つ上のレベルでは、組全体の進行が遅れないように気を回しましょう。

例えば、同じ組でラウンドしている人がバンカーから脱出したときに、進行が早くなると思えば代わりにバンカーをならすなどです。

自分だけではなく、組全体で進行が遅くならないことが大切ですからね。

まとめ


以上が、ゴルフをするときに守りたいマナーです。

まとめると、下記の通りです。

・スロープレーは厳禁

・ラインを踏まない

・ゴルフらしい服装を

・プレー中は静かに

・バンカー、ボールマークは直す

・人のボールを良く見る

・ラインに影を被らせない

・組全体の進行に気を回す

これらのマナーを守って、楽しく、気持ち良くラウンドしましょう。


スポンサーリンク