ハーモニーランド&浮羽別館新紫陽!~大分別府家族旅行記~


2017年3月の三連休。

夫婦二人と娘一人の三人で、大分は別府方面に家族旅行に行ってきました!

このページでは、そんな大分別府への家族旅行記について書いています(^^)

スポンサーリンク

東九州道で別府へ!


今日は、待ちに待った大分別府家族旅行の日。

結婚当初から妻といつか別府に行きたいと言っていた夢がようやく叶ったので、とても楽しみです。

準備完了、いざ、出発です!

まずは、自宅のある山口県下関市から、一路別府を目指します。

高速道路に乗って、東九州道を南へと走ります。

山口から大分方面に旅行に行くのに、東九州道ができて本当に便利になりました。

東九州道ができるまでは鳥栖ジャンクション経由で高速で行くか、下道で10号線を使うかのどちらかでした。

そのため、距離的にはそんなに遠くないはずなのに、ものすごく時間がかかっていました。

どちらの方法を使っても、下関から片道で3時間くらいかかっていました。

しかし、東九州道ができたおかげでその時間は1時間以上短縮!

別府、大分方面が本当に気軽に行けるようになりました。

別府、華海鮮で関サバを堪能


お昼すぎに、別府に到着。

別府でのお目当ては、かの有名な関サバ、関アジを食べること。

今回は、国道500号(九州横断道路)沿いにある華海鮮というお店に行きました。

1才と9ヶ月になる娘と一緒だったので、混雑している時間を割けて1時半ころ到着。

座敷にも通してもらえて、助かりました。

さっそくメニューを見て注文する品物を決めます。

娘はまだお刺身は食べれないので、大分名物のとり天が入ったとり天うどんを、私たち夫婦は、関サバ定食を注文しました。

関サバ定食は3,400円とやはりそれなりのお値段でしたが、せっかく大分にきたのだからと奮発して頼みました。

最初はそれよりも少し安かった関アジ定食にしようと思ったのですが、関アジが品切れだったため関サバにしました。

そして料理が来て食べてみると、信じられないくらい美味しい!

とてもサバとは思えません(笑)


サバは足が早いことで有名な魚で、普段は刺身として食べることはまずありません。

私の住んでいる下関も海が近く新鮮な魚が食べれますが、それでもサバの刺身はありません。

サバといえば、普通の生活では塩サバかしめ鯖でしか食べる機会はありません。

なので、関サバを注文したときには本当にサバの刺身なんて本当に美味しいのかと疑問に思っていましたが、そんな疑問は関サバには本当に失礼なものでした(笑)

食べた瞬間にとろける、最高に美味しいお刺身でした。

【海鮮料理「華海鮮」のHP】

天ヶ瀬温泉「浮羽別館新紫陽」に宿泊


別府で関サバを堪能して、今度は大分道で本日のお宿、天ヶ瀬温泉「浮羽別館新紫陽」へ向かいます。

最初は別府に泊まろうと思って旅の計画を立てていたのですが、三連休初日の土曜日だったため別府の宿はすでにいっぱい。

なので、九重、日田方面まで範囲を広げて宿を探していたところ見つけたのが、この旅館でした。

選んだ決め手は、「ファミリー応援プラン」という小さな子供連れの家族にピッタリのプランがあったこと。

このプランは貸切の家族風呂と個室での食事がプランに含まれていて、子供がいても安心して旅館に泊まることができます。

旅館に着いてチェックインをしたあとは、まずは早速温泉です!

プランに入っていた貸切露天風呂を早速使います。

天ヶ瀬温泉は、山合いの谷底にある自然あふれた静かな温泉。

そこにある貸切の露天風呂に家族水入らずで浸かります。

泉質や温度も良く、まだ小さな娘もとても気持ちが良さそうでした。

温泉に浸かったあとは、お待ちかねの夕食。

このときも、プランに含まれていた個室での食事も本当に助かりました。

1才9ヶ月の娘は、自分で歩いて自由に動けるようになったことがとても嬉しいらしく、なかなかじっとしていることが出来ません。

レストランなどで、長い時間同じ椅子に座っているのはなかなか辛いようです。

しかし個室で座敷の食事どころだったので、自由に動き回れるので娘もストレスなくその場にいることができました。

親の私たちにとっても、他のお客さんや娘が勝手にどこかに歩いていってしまうという心配もなくて、ゆっくりと食事を堪能できて良かったです。

食事は、地元大分の食材をふんだんに使った春の懐石料理。

私も妻も娘も美味しい料理をお腹いっぱい食べて、大満足の夕食でした。

夕食の後は、私と妻はそれぞれ交代で今度は大浴場へ。

ゆっくりと温泉に浸かり、身も心もリラックスできました。

翌日は、まずは温泉旅館の醍醐味の一つでもある、朝風呂から。

娘はまだグッスリと布団の中なので、また妻と交代で朝風呂に行ってきました。

朝風呂は、露天風呂に行きました。

山合いの谷の崖の途中にある露天風呂は、景色も雰囲気も温泉も最高で、とても贅沢な時間をすごすことができました。

朝風呂のあとは朝食を食べて、出発の準備です。

チェックアウトの時間が11時だったのも、とてもありがたかったです。

小さい子供がいると出る準備も大変なので、チェックアウトの時間が10時だと時間がギリギリで出る前にかなりバタバタします。

しかし11時であれば、余裕をもって準備をすることができ、ゆっくりとホテルを後にすることができました。

【天ヶ瀬温泉「浮羽別館新紫陽」HP】

スポンサーリンク


夢の国、ハーモニーランドへ


旅館を出た後は、サンリオのテーマパークであるハーモニーランドへ行きました。

「夢の国と言えばディズニーランドだろ!」っていうツッコミは無しでお願いします(笑)

サンリオのキャラクターパークなので、キティちゃんやキキララ、マイメロがたくさんです。

女の子にとっては、まさに夢のようなテーマパークですね!

そしてこのハーモニーランド、大分県の日出という田舎にあるのであまり人もいなさそうで良いなと思っていたのですが、ごめんなさい、ハーモニーランドを甘く見ておりました。

3月の三連休の中日で天気も良かったというのもあって、ものすごくたくさんの人が来ていました!

昼過ぎにハーモニーランドに着いたのですが、すでに駐車場が満車状態で園内に入る前に長い渋滞ができている状態。

何とか園内に入れても、人がたくさんでベビーカーで園内を移動するのも一苦労でした。

でもこういったテーマパークは、がらんとしているよりも人がたくさんいた方が活気があって良いですね。

たくさんの人の幸せなオーラで、園内全体が包まれていました。

せっかく来たし、フリーパスのチケットで園内のアトラクションは乗り放題ですから、色んなアトラクションに乗ろうということに。

人が多くてどのアトラクションも30分待ちとかになっていましたが、妻と交代で娘を抱っこしながら行列に並びました。

そして観覧車やコーヒーカップ、モノレールなどに乗って、パパもママもこのときばかりは童心に戻って家族全員で楽しみました。

娘はこういったテーマパークは初めてだったので、とても楽しかったようでした。

【ハーモニーランドHP】

「元祖!中津からあげもり山」で唐揚げゲット!


ハーモニーランドで思う存分遊んで、下関への帰路へつきます。

途中で唐揚げの聖地と言われている大分県の中津市を通りますので、せっかくなので中津の唐揚げを買って帰ることにしました。

今回唐揚げを買ったお店は、「元祖!中津からあげもり山」の万田・本店

ナビを頼りに行ったのですが、若干大通りから外れたところにあり本当にこの道で合っているのか不安になりましたが、無事に辿り着くことができました。

早速買って食べてみると、さすが唐揚げの聖地、これも絶品!

とても柔らかくジューシーで、中まで味がしっかりとしみ込んでいる。

こんな唐揚げを一度食べてしまったら、もう他の唐揚げは食べれませんね(笑)

【元祖!中津からあげ「もり山」HP】

まとめ


以上が、家族三人での大分別府方面への旅行記です。

大分は、温泉や食事、観光地などとても魅力的なところですね!

まだまだ訪れることができなかった場所がたくさんありますので、また大分旅行に行きたいです(^^)


スポンサーリンク