湯田温泉の旅館「西の雅常盤」に泊まってみた!


娘の1歳の誕生日と、自分の31歳の誕生日のお祝いを兼ねて、家族で湯田温泉の「西の雅常盤」に泊まってきました。

温泉も良くて料理も美味しく、とても良いお祝いができました。

今回は、湯田温泉の「西の雅常盤」に泊まった感想をお話ししていきます。

[ad#co-1]

湯田温泉について


まずは、湯田温泉について紹介します。

湯田温泉は、山口県山口市にある温泉です。

山口市のほぼ中心部にある温泉で、市街地の中にあります。

なので、一般的な温泉街とは雰囲気が違い、町にあるビルやマンションの中に旅館があるという、ちょっと不思議な温泉です。

開湯は約600年前で、白狐が見つけたと言われています。

江戸末期には明治維新で活躍した維新志士たちも入ったと言われる、とても歴史ある温泉です。

湯田温泉までのアクセス

湯田温泉は、とても交通の便が良いところにあります。

最寄り駅であるJR湯田温泉駅からは歩いて行けますし、その湯田温泉駅も、山口県の玄関口である新山口駅から近いです。

また、車でのアクセスもとても良いです。

特に、山口宇部道路が開通してからは本当に便利になりました。

無料の高規格道路である山口宇部道路の終点である朝田ICを降りると、もうそこは湯田温泉のすぐ近くです。

この道路は中国道の小郡ICや国道2号線とも接続されており、あっという間に湯田温泉まで辿り着くことができます。

市街地にある温泉ならではのメリットですね。

西の雅常盤

今回泊まった旅館は、「西の雅常盤」です。

旅館の規模としては、大きくもなく、かといって小さい訳でもない、中くらいの感じでした。

フロントからロビーに入ると、立派な滝がお出迎えしてくれます。

部屋に案内してもらって、くつろぎのひと時をすごせました。

あと、この旅館で有名なのが、女将劇場です。

旅館の女将さんが、芸を披露してくれます。

今回は残念ながら時間の都合で見れなかったので、次に行ったときはぜひ見てみたいです。

[ad#co-2]

温泉

西の雅常盤の温泉は、なかなか良かったです。

全部で、7種類のお風呂があります。

朝と夜で男女交代で、全部のお風呂に入ることができます。

泉質はアルカリ性単純泉で、源泉の温度は約70℃です。

昔、田んぼの真ん中らから源泉が湧きだしたことから、湯田温泉という名前になったそうです。

アルカリ性単純泉のため、お肌にはとても良いです。

温泉に入った後は、家族そろって肌がすべすべになりました。

料理

お楽しみの料理ですが、料理はとても美味しかったです。

今回は特に特選料理をお願いした訳でもなく普通の懐石料理でしたが、それでも最高に美味しかったです。

一歳になった娘にも旅館の料理をすりつぶして離乳食にして食べさせたのですが、美味しそうに食べていました。

美味しい料理を食べると、とても幸せな気分になりますね。

ちなみに、朝食はバイキングではなくきちんとした朝懐石が出てきました。

最近は朝食はバイキングというところも多いですが、ちゃんとした料理が出てくるとやはり嬉しいですね。

帰りに、瑠璃光寺五重塔へ

湯田温泉に行った帰りに、瑠璃光寺の五重塔を見に行きました。

国宝にも指定されているだけあって、本当に美しい塔でした。

建てられたのは室町時代ということで、悠久の歴史を感じました。

まとめ

今回お世話になった湯田温泉「西の雅常盤」の総合評価は下記の通りです。

・温泉  ★★★★☆

・サービス★★★☆☆

・料理  ★★★★★

サービスは普通な感じでしたが、温泉と料理が特に良かったという印象です。

温泉に浸かった後に美味しい料理を満喫したいという方に、とてもおススメできる温泉でした。

[ad#co-3]