結婚式のドレスはどれにする!?まずは衣装選びから!


結婚式の準備で、まず一番最初にすることは、衣装選びです。

結婚式の主役である新郎新婦の衣装をまずは決めて、会場の装花やテーブルクロスは、全て衣装に合わせて決めます。

このページでは、結婚式の衣装にどんな種類があるのかをお話ししていきます。

[ad#co-1]

衣装の種類


それでは、結婚式の衣装の種類を説明していきます。

衣装は、大きく分けて「洋装」「和装」に分かれていて、女性はさらに、洋装は「ウェディングドレス」「カクテルドレス」、和装は「白無垢」「色打ち掛け」に分かれています。

女性洋装【ウェディングドレス】

ウェディングドレス

結婚式のドレスの、定番中の定番です!

女性であれば、結婚式でウェディングドレスを着ることが、人生の憧れの一つではないでしょうか?

チャペルでの挙式は、もちろんウェディングドレスで。

純白の花嫁衣装は、女性をとても美しく魅せることでしょう。

挙式が神前式で和装という場合でも、披露宴のお色直しの際には、是非とも選びたいドレスです。

女性洋装【カクテルドレス】

カクテルドレス

カクテルドレスは、純白のウェディングドレスとは違って、華やかな色のついたドレスです。

まさに、カクテルのようなドレスですね。

そんなカクテルドレスは、披露宴で活躍します。

ウェディングドレスからのお色直しで、また違った雰囲気を味わうことができます。

男性洋装【タキシード】

タキシード

男性の洋装と言えば、このタキシード!

ビシッとしたカッコ良さが魅力的です。

ただ、男性は衣装の種類が少ないので、お色直しのときも、アクセサリーをちょっと変える程度のものだったり。

ちょっと、女性が羨ましいですね。

[ad#co-2]

女性和装【白無垢】

白無垢

日本人の魅力を最大限に引き出すのは、やはり和装だと思います。

日本の文化の歴史が詰まった和装。

そんな中でも白無垢は、神前での挙式に用いられます。

日本の伝統的な婚礼の服装です。

古来の結婚式では、白無垢から赤い打ち掛けにお色直しするのが一般的だったようです。

女性和装【色打ち掛け】

色打ち掛け

華やかな模様が描かれた着物です。

着物版の、カクテルドレスといったところでしょうか。

日本人の女性の魅力を、とても良く引き出してくれる衣装です。

神前式の際は、白無垢ではなく色打ち掛けを使用するのも最近では有りです。

男性和装【紋付袴】

和装新郎

日本人の男性なら、洋装より和装の方が絶対似合います!

紋付袴を着た時の男のカッコ良さは、ハンパではないと思います。

日本男児として、バシっと決めると最高ですね。

まとめ

以上が、結婚式の際に使用する衣装の種類になります。

まとめると、下記の通りです。

・女性洋装 ウェディングドレス、カクテルドレス

・男性洋装 タキシード

・女性和装 白無垢、色打ち掛け

・男性和装 紋付袴

自分の魅力を最大限に引き出してくれる一着を、ぜひとも見つけたいものですね。