結婚式の日取りの決め方!やっぱり大安が良いの?


結婚式の日取りを決める際に気になることの一つに、日本人ならやはり暦があります。

なんとなく大安の日が一番良いとは思ってはいるものの、大安の日はすでに予約でいっぱいだったりします。

なら、大安以外の日はダメなのかといったら、そうでもありません。

このページでは、どんな暦の日に結婚式を行ったら良いかをお話ししていきますね。

スポンサーリンク

日本人と暦


日本人と暦の関係は古く、室町時代に中国から伝わり、それから使われるようになっています。

結婚式は大安が良いとか、葬儀や通夜は友引の日にしない方が良いといったことは、誰でも一度は耳にしたことがあると思います。

その「大安」とか「友引」とかですね。

今では冠婚葬祭の日取りを決める上で良く参考にされています。

そもそも暦って何種類あるの?


そんな暦ですが、一体何種類あるのでしょうか?

暦は、正確には六曜といって、その名の通り6種類あります。

「大安・赤口・先勝・友引・先負・仏滅」の6種類です。

各暦にはそれぞれ固有の吉凶と運勢が定められています。

スポンサーリンク


暦と結婚式の関係


それでは、各暦と結婚式の関係をお話しますね。

【大安(たいあん)】


ご存知の通り、最も縁起の良い日とされていて、結婚式にはベストの日です。

ただ、人気の日取りだけに、予約はかなり取りにくいです。

特に、土曜日の大安の日は、1年以上前に予約しないと取れないこともあります。

土曜日の大安は、だいたい一ヶ月に一度で、中には土曜の大安が一度もない月もあります。

大安に結婚式を挙げようと思ったら、とにかく早く予約することが大事です。

【赤口(せきぐち)】


正午前後の1時間くらいが吉で、後は凶とされている日です。

特に結婚式などのお祝いごとには大凶の日で、暦を気にするのであれば赤口の日は避けてください。

【先勝(さきがち)】


午前中が吉、午後が凶と言われている日です。

先手必勝の意味が有り、何事も早くした方が良いとされる日です。

この日に>結婚式を行う場合は、開始時間を午前中にするのが良いです。

【友引(ともびき)】


読んで字のごとく、友を引く日と言われています。

その為、結婚式などのお祝いごとは、幸せなことに友を引くことになって縁起の良い日です。

友引も結婚式を行うのには良い日で、大安の次に人気の日です。

大安ほどではありませんが、友引の日に結婚式を行いたい場合も早めの予約を心がけた方が良いでしょう。

【先負(さきまけ)】


午前中が凶、午後が吉と言われている日です。

先勝と逆で、急いで何かをすることが良くない日です。

この日に結婚式をする場合は、開始時間を午後からにするのが良いです。

【仏滅(ぶつめつ)】


仏も滅入るほど悪い日で、何事においても大凶とされています。

結婚式などのお祝いごとには、暦の中で最も良くない日です。

当然ではありますが、避けた方が良い日取りです。

まとめ


結婚式と暦の関係をまとめると、下記の通りです。

【大安・友引】⇒終日OK

【先勝】⇒午前中に式を開始するとOK

【先負】⇒午後から式を開始するとOK

【赤口・仏滅】⇒避けたほうが無難

結婚式の日取りは、気にする人は気にするもの。

しっかりと暦の意味を理解して、結婚式の日取りを決めていけると良いですね。