結婚式の費用って、初回見積もりからどのくらい上がるの!?


結婚式って、やっぱりとてもお金がかかります。

一生に一回の結婚式なので、自分の思うような結婚式にしたいという気持ちは大きいのですが、現実問題として、かかる費用を無視することはできません。

初回の見積もりで大丈夫と思っても、次から次へと追加のお金が掛かってきます。

このページでは、結婚式を挙げるときに、初回の見積もり以外にもどれだけお金がかかるかについてお話ししていきます。

スポンサーリンク

結婚式にかかる費用は、初回見積の1.5倍~2倍くらい


まず結論から言いますと、結婚式にかかる費用は、だいたい初回見積の1.5倍~倍くらいかかります。

例えば一番最初の見積が300万円だとしたら、最終的な金額は、450~600万円くらいになると考えておいた方が良いです。

「えー、あの一流ホテルの結婚式がこの金額でできるの?これなら私たちも。」

って初回見積をもらった時点では思うこともあるかもしれませんが、あくまでもそれは結婚式を挙げるために最低限必要な金額です。

含まれているものは、会場使用料、衣装代、料理代、引き出物代などです。

実際は、確実にそれ以上の金額がかかります。

結婚式に費用に関しては、そのことを十分に頭に入れておかなければなりません。

初回見積後に増える費用


それではここから、初回見積もりの後にどんな項目でお金が発生するか、細かくお話ししていきます。

料理のグレードアップ:アップ金額×人数


見積もりに入っている料理の金額は、その式場のプランにある最も安い料理プランで出てくる場合が多いです。

しかし、出席してくださるゲストの為に、料理は少しでも良いものを出したいという人も少なくないと思います。

その際は、より良い料理に変更することになりますが、その時に、費用がかかります。

例えば、60人で行う予定の結婚式の場合、料理のグレードアップで1万円のコースから1万5千円のコースに引き上げたとすると、

「60人×5千円/人=30万円」

ほど、追加で費用がかかることになります。

引き出物のグレードアップ:アップ金額×人数


料理と一緒ですが、引き出物も一番安いプランで見積もりが出てくる場合が多いです。

友人や会社の同僚への引き出物はそれで良いかもしれませんが、親戚など、ご祝儀が多く包んで頂けそうな人には、やはりそれなりの引き出物を用意しておかなければなりません。

そこで、追加の費用がかかります。

前撮り:10~20万円


前撮りは、式の前に、二人だけで写真撮影を行うオプションです。

当日着る予定の衣装を着て、式場やスタジオで写真撮影を行います。

ほぼ丸1日かけて、プロのカメラマンの方が撮影してくれます。

気分は、モデルさんです。

記念にも残るし、結婚式を挙げる際には是非ともやっておきたいオプションです。

しかしやはり、これにもそれなりのお金が掛かります。

アルバム:10~20万円


当日の結婚式の様子を、プロのカメラマンが撮影してくれて、それをアルバムにしてくれます。

一生に一度の結婚式ですから、写真は残しておきたいもの。

前撮りを行った場合は、前撮りの写真も一緒にアルバムに入れてくれます。

その場合は、前撮りとアルバムがセット価格になっていることもあります。

スポンサーリンク


家族写真:5~10万円


結婚式当日に、家族写真を撮ります。

両家の家族と、親族が集まっての集合写真ですね。

これも、結婚式には欠かせません。

2面台紙や3面台紙に写真を貼って、完成です。

自分たちと、お互いの両親、親戚の分などが必要になります。

ビデオ撮影:20~40万円


一生に一度の結婚式、アルバム撮影だけでは物足りない。

是非とも、動画で残したい!という場合に付けるオプションです。

アルバムでは絶対に残すことのできない、祝辞や音楽などの音声を残すことができるのが良いところだと思います。

しかし費用は、当然ではありますがアルバムよりも割高になります。

ムービー:10~30万円


ムービーの種類はだいたい3つで、「オープニングムービー」「プロフィールムービー」「エンディングムービー」になります。

それぞれ約10万円くらいかかります。

この中でも、特にプロフィールムービーは付けたいオプションです。

結婚式に出席されたら一度は見られたことがあるかと思いますが、二人の生い立ちと、二人の出会ってからの思い出の写真を流すものです。

二人の成長の過程を振り返ることができます。

演出代:10~30万円


結婚式の準備をしていると、色々な演出を付けたくなります。

装花や照明、音響のグレードアップや、音楽の生演奏だったり。

やりたい演出が山ほど出てきます。

もちろん全部をやるわけには行きませんが、お気に入りの演出だけを選んた場合でも、やはりそれなりの費用がかかります。

家族の衣装、着付け代:20~40万円


ここは盲点になりがちですが、衣装代は自分たちだけではなく、家族の分もかかります。

初回見積には、新郎新婦の衣装代は含まれていますが、家族の分までは含まれていない可能性が高いです。

父親のモーニング、母親の留め袖、兄弟姉妹の着物や着付け代など、家族の衣装代にもかなり費用がかかります。

両親へのプレゼント:1~10万円


今まで育ててくれた両親への、感謝の気持ちを込めたプレゼントです。

定番の花束だけならあまり費用はかかりませんが、やはり、何か形として残るものをプレゼントしたいものです。

そうなると、プレゼント代もそれなりにかかってきます。

お車代・お礼:5~20万円


遠方から来てくださったゲストへのお車代や、祝辞を読んでくださったゲストへのお礼です。

忙しい中遠方から駆けつけてくださったり、祝辞を考えて読んでくださった方への感謝の気持ちにもなりますので、用意しておいた方が良いです。

宿泊代:5~20万円


自分たちや家族の宿泊代はもちろんですが、遠方から来てくださったゲストへの宿泊代も、招待した側が費用を持つのが一般的です。

その為、人数によっては、宿泊代もそれなりにかかります。

送迎代:5~10万円


これは、結婚式場にゲストを送迎するためのバスですね。

式場が主要な駅から遠い場合などには、必ず必要になってきます。

まとめ


以上が、結婚式で初回見積もりから上がる可能性のある費用になります。

どのくらい上がるかを一言でまとまめると、下記の通りです。

・初回見積もりの1.5~2倍

結婚式場を決める際には、このあたりの費用も予算として頭に入れながら、決めるようにしたいですね。