結婚式のウェルカムスピーチ、締めの挨拶の文例と上手く話すコツ


結婚式の披露宴、新郎にとっての心配事の一つに、ウェルカムスピーチと締めの挨拶があります。

披露宴に足を運んでくださったゲストの方へ感謝ともてなしの気持ちを伝える始まりと締めの挨拶。

どんな挨拶をすれば良いのか、緊張しているなかちゃんと自分がしゃべることができるのか、悩みは尽きません。

今回は、そんなウェルカムスピーチ、締めの挨拶の例文と、上手く行うためのコツをお話ししていきますね。

[ad#co-1]

挨拶の文例

まずは、挨拶の文例を紹介します。

私自身の結婚式のスピーチも、このような感じでスピーチしました。

ウェルカムスピーチと締めの挨拶の文例は、それぞれ下記の通りです。

ウェルカムスピーチ文例

本日は大変お忙しい中、私たちの結婚披露宴に起こし頂き誠にありがとうございます。

先ほど私たちは、チャペル(または神社)での結婚式におきまして、夫婦の誓を立ててまいりました。

今は、夫婦となれた喜びと、その責任の重さを感じています。

本日は、ささやかではございますが、日頃から、私たちを見守ってくださっている皆様に、感謝の気持ちをお伝えいたしたく、このような会をご用意させて頂きました。

限られた時間ではございますが、ごゆっくりお楽しみ、おくつろぎ頂きましたら幸いです。

本日は、どうぞ、よろしくお願いします。

締めの挨拶文例

本日は大変お忙しい中、また、はるばる遠方より、私たちの結婚披露宴にご出席いただきまして誠にありがとうございました。

皆様のお心のこもったご祝辞は、私たちの生涯の励ましの声となり、あるいは慰めの声となって、私たちを守ってくれることと思います。

皆様のご期待にそえるよう、病めるときも、貧しいときも、苦しいときも、ふたりこころを一つに手と手をとりあって、しっかりと歩いていきたいと思います。

まだまだ未熟なふたりですが、ふたりで支えあって、暖かい家庭を作っていきたいと思います。

これからも、今までと変わらず、ご指導ご鞭撻をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

本日は誠に、ありがとうございました。

[ad#co-2]

上手く話すためのコツ

次は、上手く話すためのコツです。

せっかく良い内容のスピーチを考えたので、やるなら上手く話したいですよね。

そのためにはどうしたら良いか、お話ししていきます。

スピーチは覚えた方が良い?

ウェルカムスピーチや締めの挨拶は、やはり暗記して、そらでスピーチできるにこしたことはありません。

そんな長い文章ではないし、その方が見栄えも良いですからね。

ただ、おそらく緊張しまくりのウェルカムスピーチ、少し酔った状態で行うであろう締めの挨拶、例え暗記しても、本番で忘れてしまうかもという不安はどうしてもついてまわるものです。

そんなときはやはり、無理をせずに紙に書いてそれを読んだ方が無難かと思います。

暗記してスピーチをするつもりでも、懐に内容を書いた紙を入れておけば、いざという時にはそれを見れば良いと思って、返って自信を持ってスピーチできるものです。

また、少々裏ワザ的なやり方にはなりますが、ウェルカムスピーチの際には、ひな壇のゲストからは見えない位置に、こっそりと内容を書いた紙をしのばせておくのも一つの手です。

当日までに、何度も声に出して練習しましょう

そして一番大切なことは、本番までに何度も声に出してスピーチの練習をすることです。

声を出して練習することで、本番でよりキレイではっきりとした挨拶をすることができます。

暗記してスピーチするときにはもちろんですが、紙に書いた内容を読む場合でも、効果絶大です。

まとめ

結婚式のウェルカムスピーチ、締めの挨拶の文例と上手く話すコツをまとめると、下記の通りです。

  • 例文を参考に、良いスピーチの内容を考える
  • スピーチの内容を暗記する
  • 万が一忘れたときの対策を取っておく
  • 声に出して練習する

一生に一度の晴れ舞台、しっかりと準備をして、立派なスピーチをしたいですね!

[ad#co-3]