辛い片思い!恋愛において人生で最も惨めな体験~YRA2~


前回の記事:モテない理由だらけの口下手男だった過去の自分~YRA1~

そんなモテない男要素満載だったにも関わらず、そのことにすら気づいてなかった自分。

しかし大学生の時、自分がどれだけ女の子にモテないかを痛感させられる出来事がありました。

そしてそれは、私にとって恋愛において人生で最も惨めな体験となりました。

このページでは、その出来事についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

同じ研究室の女の子と好きになる


私は、大学4年生のとき、同じ研究室の女の子を本気で好きになりました。

どこの大学でもだいたい同じだと思いますが、大学では3年生までは色々な講義を受けて、4年生になったら自分の勉強したいことができる研究室を選んでそこで勉強することになります。

私も、4年生になってとある研究室に入りました。

その研究室に入った4年生は私を含め6人で、そのうち女の子が2人でした。

その中の一人の女の子を、好きになったのです。

研究室はコミュニティが狭いため、一緒に勉強したり話をしたりする機会が自然と多くなり、その子の優しさに惹かれてだんだん好きになりました。


決定的に好きになったのが、研究室の教授のつてで、北海道までセミナーを受けに行ったときです。

4年生は、教授に交通費などを少しを出してもらって、全員参加することに。

みんな北海道に行くのは初めて。

せっかく北海道に行くのにセミナーだけではもったいないということで、セミナーの前に4年生全員で少し北海道を観光することになりました。


そして、行きの飛行機の席は、隣の席に自分の好きな女の子。

もう本当に舞い上がってました。

旅行中も楽しいことばかりで、その子のことが大好きになってしまいました。

最期通告


旅行の後、ありったけの勇気を振り絞って、その女の子を遊びに行こうと誘いました。

でも、何回遊びに行こうと誘ってもやわらかく断られ、それでも好きなので諦めずに誘っていたら、ついにその子から引導を渡されました。


「いい機会だからはっきり言うけど、 私あなたと二人で遊びに行く気は一切ないから。」


目の前が真っ暗になりました。

このメールを見たあと、あまりにショックが大きすぎて、何日間がベットの中で寝込みました。

あの誰にでも人当たりが良くて、とても優しかった女の子にそう言われたんです。

そのギャップも、自分に更なる追い打ちをかけました。


このとき初めて、女性の本音の部分を知ることになります。

自分に向けられてたのは、本当に上辺の上辺だけで、全然仲良くなれていなかったのです。


そんなことがありましたが、同じ研究室なのでその後も会わない訳にはいかない。

雰囲気はもう最悪です。

研究室に行くのが、めちゃくちゃ気が重かったです。

はっきり言って、地獄でした。

スポンサーリンク


モテない男の思考回路


その頃の私は、次に挙げるようなことを思ったりやったりしていました。

今思えば、これらはもうモテない男の思考回路まっしぐらなのですが、当時は本気でやっていまた。

一見すると良いことのようにも見えますが、好きでもない男性からこのように思われたときに女性の感じる感覚はただ一つ、「気持ち悪い」です。

後になって気づきましたが、こんな男の純情な気持ちは、女性にとってはボロ切れ以下の価値でしかないのです!

それでは、実際に私がやっていた、女の子には気持ち悪いとしか思われない、男の純情な気持ちを紹介していきますね(笑)

・女性は女神、絶対に汚してはならない神聖なもの


女性は女神、絶対に汚してはならない神聖な存在と思っていました。

美しく、清く、聖なる存在で、崇めてすらいました。

そんな人たちを、絶対に傷つけたり、汚したりしてはいけない。

そんな風に考えていました。

しかし、この考えをしていると、女性から下に見られたり気持ち悪いと思われたり軽蔑されたりはするようになりますが、決してモテるようにはなりません。

・女の子が自分のことをどう思ってるか知りたい


女の子が、自分のことをどう思っているか知りたい。

本気でそう思っていました。

ドラえもんの道具とかを使って、女の子がどう思ってるか知ることができたらとどれだけ思ったことか。

でも、いま思えば、そんなことができなくて良かったと思います。

もし本当に自分が女の子にどう思われているのかを知ってしまったら、あまりのショックで寝込むこと間違いなしだったと思いますので。

・神社に行って、好きな女の子の幸せを願う


これも私が本当にやっていたのですが、まだ付き合ってもいない女の子の幸せを、毎日神社に行ってお祈りしていました。

いま思えば、モテない男の鏡のような行動です(笑)

100%、女の子は気持ち悪いと思います。

好きな女の子は、神様ではなく、自分が幸せにできるようになってください。

もう二度と同じ経験はしたくない!


それから2ヶ月、少しずつショックからも立ち直って、真剣にこう思うようになりました。

「もう二度とこんな経験はしたくない。女の子にモテたい……」

このことをきっかけに、人生で初めて、女の子にモテるための努力を始めることになりました。


恋愛理論やノウハウ、心理学を必死に学ぶ日々~YRA3~に続く


スポンサーリンク